スポンサーリンク

「調査」と「検討」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「調査」と「検討」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「調査」「検討」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「調査」とは?

物事の実態や動向などを明確にするために調べることを意味する「調査」

その範囲は非常に広く、個人的に人に対し行うものから、プロに頼み行うもの、国などの機関が国民や住民などに対し行うものまで様々です。

「調査」を別の言葉で言い換えると、「リサーチ」「取り調べ」「追究」「捜査」「追究」「探る」などとなります。

「調査」の使い方

「調査」には、どのような「調査」なのかを示す使い方として、「国勢調査」「市場調査」「信用調査」「身辺調査」「意識調査」「世論調査」「出口調査」「追跡調査」などがあります。

そのほか、「調査結果」「調査委員会」「調査報告」など、たくさん、「調査」を用いた言葉があります。

「検討」とは?

よく調べ考えることを意味する「検討」

様々な角度から調べ、その調べた結果をもとに良いか悪いかを考えることを意味します。

「検討」の場合、単に調べるだけにとどまらず、調べた結果をもとに考えることが重要なポイントとなります。

「検討」を別の言葉で言い換えると、「吟味」「比較検討」「見比べ」「見極め」「熟考」などとなります。

「検討」の使い方

「検討」の場合、「検討する」といった使い方だけではなく、「検討を重ねる」「検討の余地がある」といったもののほか、「ご検討ください」「ご検討よろしくお願いいたします」などといった使い方もあります。

そのほか、「検討中」「再検討」といった言葉もあります。

「調査」と「検討」の違い

同じ調べる行為でも、その後に考えるか、考えないか、の違いがある「調査」「検討」

「調査」の場合は、単に調べた結果のみとなりますが、「検討」の場合は、調べた結果をもとに考える行為が付け加えられるものとなります。

そのため、「調査の結果」「検討の結果」とでは、全く異なった意味があるものとなります。

このような点ににおいて、「調査」「検討」には大きな違いがあります。

「調査」の例文

・『出口調査の結果で、おおむね、今回の当選者を確定することができました。』

・『国勢調査の用紙がポストに入っていました。』

・『今回の調査報告書をまとめて上司に提出しました。』

・『商品を企画・販売している当社では、市場調査は必要不可欠な調査のひとつです。』

「検討」の例文

・『なにとぞ、ご検討のほどよろしくお願いします。』

・『ただいま、検討中ですので、もうしばらくお待ちください。』

・『今回の内容は、検討の余地があるかと思います。』

・『今回の問題点を検討し改善してください。』

まとめ

以上が「調査」「検討」の違いです。

単に調べるだけで終わるのか、それとも、調べた結果をもとに考える行為が伴うのか、その違いによって、「調査」「検討」を使い分ける必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典