スポンサーリンク

「調理」と「製造」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「調理」と「製造」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

食品関連の求人情報を見ると「調理」「製造」という言葉を目にします。

どちらも食品を取り扱う仕事という共通点はありますが具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。

今回は、「調理」「製造」の違いについて解説します。

スポンサーリンク

「調理」とは?

「調理」とは「食材を加工し食べられる食事をつくりあげること」という意味の言葉です。

「調理」「料理」とほぼ同じ意味で使われます。

「調理」のほうが作業技術としての意味合いが強く「料理」には創意工夫やクリエイティブなニュアンスが強く感じられますが基本的には同じ意味と考えて問題ありません。

「調理」は食材を切ったり焼いたりといった作業そのものを指すこともありますし食材を加工し献立を完成させるまでの皇帝すべての意味で使われることもあります。

野菜や肉などの食材を食べられるように加工することを指すので切るだけ、食べやすく皿に盛りつけるだけの作業であっても「調理」と表現して差し支えありません。

「調理」の使い方

・新鮮な食材を調理する。

・レストランでは調理を担当しています。

・プロをめざして調理の実習に参加する。

・どんなに素晴らしい食材でも調理がいい加減では台無しだ。

「製造」とは?

「製造」とは「原材料を加工し製品をつくり上げること」という意味で使われる言葉です。

「製造」は元となる原材料から全く異なる完成品を作るときにふさわしい表現です。

似たような意味合いの言葉として「加工」がありますが「加工」が元となるものの形を一定程度残したまま手を加えるのに対し、「製造」は原材料の形状がほぼわからないように大きく変化するときに用いられます。

食品における「製造」は原材料を加工すると完成品が大幅に変化するケースで使われます。

小麦粉からパンを作る、米から日本酒を作るなど原材料がその形をほぼ留めずに完成するように食品を作る作業が「製造」です。

「製造」の使い方

・お店では小麦粉を原材料に食パンを製造している。

・アイスクリームの製造過程で異物が混入した可能性が指摘された。

・食品を製造する工場に就職する。

・1時間に1万個の豆腐を製造する機械。

「調理」と「製造」の違い

食品における「調理」は食材を加工し食事を完成させることを意味します。

食品における「製造」は原材料から加工するのが基本です。

対象となるのも食事用の食べ物以外に「調理」に使われる食材を作ることもあります。

豆腐に手を加えて冷奴を作る作業は「調理」ですが、冷奴の食材である豆腐を作り上げる作業は「製造」です。

規模や手段の違いもあります。

「調理」はさまざまな機材や器械を使うこともありますが基本的には人の手で行われ作る量も数人から数十人単位と小規模です。

「製造」は大掛かりな設備や機械を使うことが多く加工する量も数百人、数千人単位と大規模です。

まとめ

同じ食品を作る場合でも「調理」「製造」では意味合いが異なります。

茶碗蒸しを「調理」するといえば厨房で多くても数十個程度の作業を意味しますが「製造」する表現する場合は工場の生産ラインで大量生産されるイメージです。

それぞれの意味を正しく理解し間違いのないよう使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典