「謙遜」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「謙遜」

謙遜という言葉を知っているでしょうか。

誰もが使ったことがある表現かも知れませんね。

日常会話でも使えますし、ビジネスにおいても使えます。

さらに、謙遜している人に対して「あの人は本当に謙遜を忘れない人だ」などといった表現をすることも可能です。

それならば、謙遜とは一体どのような意味を持ち合わせているのでしょうか。

ここでは謙遜という表現について紹介します。

「謙遜」の意味

謙遜という言葉はへりくだること、控えめな慎ましい態度で振舞うこと、という意味を表します。

日本語には敬語があり、日本人は立場を非常に重視しますよね。

年上の人に対しては敬語を忘れず、謙遜した態度を取るという人も多いのではないでしょうか。

また、だからといって年下の人をぞんざいに扱っても良いというわけではありません。

年下の人に対しても謙遜の気持ちを忘れず、自らを下げて相手も上に立てた対応をすることが大切なのです。

「謙遜」の言葉の使い方

謙遜という言葉はあらゆる場面で使えます。

しかし、どちらかというと謙遜するという事はあくまでも態度で表現することであり、言葉で表現される事はあまりありません。

そのため、謙遜という言葉を使う機会よりも謙遜する態度をとる機会の方が多いかもしれません。

しかし、もしも身の回りで常に謙遜を忘れない人がいたら、「あの人は本当に謙遜を意識している」「謙虚な人だ」と正しい評価をしたいものです。

「謙遜」を使った例文・短文(解釈)

実際には使うことが少ないかもしれない謙遜という表現は、どのような文脈で使われるのでしょうか。

ここでは謙遜という言葉を使った例文を紹介します。

「謙遜」の例文1

「あの人はまたまぐれだと言っているけれど、絶対に謙遜だよね」

いつも優勝したり、入賞したり、コンクールなどで強い人に出会ったことがある人もいるのではないでしょうか。

そのような人におめでとうと声をかけると、多くの場合は「そんな、偶然ですよ」などという返事が返ってくるのではないでしょうか。

「当たり前でしょ」などと返事をする人は滅多にいないはずです。

それはやはり謙遜であり、たとえどれだけ全力を尽くして「絶対に優勝できたはず」と思っていたとしても、いざ優勝したことを周りから褒められたら謙遜するのが日本人の美徳といえます。

「謙遜」の例文2

「あの人は絶対に謙遜という言葉を知らないよ、そんな態度を取らないもんね」

常に謙遜の気持ちを忘れない人もいれば、そもそも謙遜という言葉自体が辞書にないという人もいるかもしれません。

何においても自分が中心であり、自分を高く評価しているという人は珍しくありません。

へりくだって相手と接するばかりか、自分を過大評価している人もいるかもしれませんね。

「謙遜」の例文3

「あの人は物知りだけど常に謙遜な態度を忘れないよ」

いろいろな経験があり、とにかく物知りなのに、そのような態度をおくびにも出さないという人もいるのではないでしょうか。

そもそも謙遜な態度を崩さない人は、自分がどれだけ素晴らしいかということを表に出しません。

もちろん、出してしまえば謙遜な態度が台無しになってしまいます。

また、豊富な知識も感謝されなくなってしまいます。

「謙遜」の例文4

「うちの祖母は謙遜家だよ。 絶対に人を馬鹿にした態度をとらないんだ」

自分の親戚に謙遜家と言える人がいるのは素晴らしいことです。

どれほど人生経験が豊富であり、様々なことに精通していたとしても、周りのことを馬鹿にせず、うまく対応できる人は素敵ですよね。

そのような人を謙遜家と呼びます。

そのような人から学びたいものです。

へりくだり、相手を尊重するという態度を忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典