「豚の角煮」と「ラフテー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「豚の角煮」と「ラフテー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「豚の角煮」「ラフテー」の違いを分かりやすく説明していきます。

「豚の角煮」とは?

「豚の角煮(ぶたのかくに)」とは、「豚ばら肉(ブロック)を角切りにして、醤油・砂糖・みりん・酒やネギ・生姜の香味野菜などを加えて柔らかく煮込んだ料理」のことです。

「豚の角煮」「豚ばら」だけではなくて「ゆで卵・大根・ホウレンソウなどの他の食材」と一緒に煮込んだり、「白ネギ・カラシ」を横に添えたりすることが典型的な盛り付けの一つになっています。

「ラフテー」とは?

「ラフテー」とは、「皮つきの豚ばら肉(ブロック)を角切りにして、醤油・鰹ダシ・泡盛・黒砂糖などを加えて柔らかく煮込んだ沖縄県の郷土料理」のことです。

「ラフテー」は漢字で、「羅火腿」と表記します。

「ラフテー」という料理の名称は「沖縄県の郷土料理・沖縄料理のお店のメニュー」を意味している側面が強くなっています。

「ラフテー」の特徴として、「皮の部分が多くてプルプルとした食感がある」「千切りの生姜を添える」ということを上げられます。

「豚の角煮」と「ラフテー」の違い!

「豚の角煮」「ラフテー」の違いを、分かりやすく解説します。

「豚の角煮」「ラフテー」も豚ばら肉を柔らかく煮込んだ料理という点では類似していて、実際にも「見た目・調理方法・味付け」はかなり似ていますが、「地域・文化・食感」に違いがあります。

「豚の角煮」とは「日本全国の地域で作られている豚ばら肉(ブロック)を角切りにして、醤油・砂糖・酒・みりん・ネギなどと一緒に柔らかく煮込んだ料理」です。

しかし「ラフテー」という時には特に、「沖縄県の郷土料理・沖縄料理を出す店舗のメニュー」を意味している違いがあるのです。

また「豚の角煮」には「普通の砂糖・料理酒」が使われますが、「ラフテー」には沖縄らしい「泡盛・黒糖」が使われ「皮部分にプルプルの食感がある」という違いを指摘できます。

まとめ

「豚の角煮」「ラフテー」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「豚の角煮」とは「豚ばら肉を角切りにして、醤油・砂糖・みりんや香味野菜などを加えて柔らかく煮込んだ料理」を意味していて、「ラフテー」「豚ばら肉の皮部分の柔らかい食感に特徴がある豚の角煮に似た沖縄県の郷土料理」を意味している違いがあります。

「豚の角煮」「ラフテー」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典