スポンサーリンク

「豪雨」と「強雨」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「豪雨」と「強雨」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「豪雨」「強雨」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「豪雨」とは?

勢いが激しく、大量に雨が降る事を「豪雨」と言い、過去に災害が起きたレベルの雨が降る時に使われます。

気象情報などでは「豪雨」という言葉だけで言われる事は少なく、「集中豪雨」「ゲリラ豪雨」というように使われる事が多いようです。

「豪雨」が発生する原因は、気候変動により気温が上昇している為であると言われています。

「強雨」とは?

強く激しく雨が降る事を「強雨」と言います。

1時間のうちに20mm~30mm程度の雨が降る事で、災害が起きる可能性は低いですが、傘をさしていても洋服が濡れてしまったり車の運転がしにくくなります。

「強雨」は他に「どしゃ降りの雨」と表現される事も多いようです。

「豪雨」と「強雨」の違い

どちらも雨が強く降った時に使われる言葉ですが、意味が違います。

降る雨の量で言うと「強雨」より「豪雨」の方が多く、「強雨」は災害が起きる可能性は低く、「豪雨」は過去に災害が起きた事がある量の雨の事を言います。

まとめ

「豪雨」「強雨」はどちらも激しく雨が降る時に使われる言葉で混同している人も多いかもしれません。

降る量や災害が起きる可能性があるのかなどの違いがあるのでしっかり意味を理解する必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典