スポンサーリンク

「負の感情」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「負の感情」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「負の感情」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「負の感情」の意味

怒り、嫉妬、不安、悲しみなどの感情のこと

「負の感情」の解説

「負の感情」とは、マイナスの感情のことです。

マイナスとは、一般的によくないといわれているものを指します。

怒り、嫉妬、不安、悲しみ、憎しみなどのことを「負の感情」といいます。

これらの感情は一般的に好ましくないとされ、感じている本人は不快に思っていることが少なくありません。

「負の感情」に対する言葉が「正の感情」です。

「正の感情」「負の感情」と対照的で、好ましい感情のことを意味します。

「負の感情」は誰でも感じるもので、感じることに自体に良い悪いはありません。

「負の感情」の使われ方

「負の感情」は好ましくないものとされ、「負の感情への対処法」などが書籍やウェブサイトなどで紹介されています。

「負の感情を何とかしたい」のような使われ方をします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典