スポンサーリンク

「財テク」と「資産運用」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「財テク」と「資産運用」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「財テク」「資産運用」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「財テク」とは?

「財テク」は、財産を増やす方法にテクノロジーを使用することにあり、技術を利用して財産を増やすことです。

例えば、株、や仮想通貨はテクノロジーの一つでうまく軌道に乗れば財産を増やすことが可能ですが失敗すると途端に財産を失います。

また、「財テク」は財産を増やすためのテクニックであると述べた例もあり、このケースの場合は、株や仮想通貨でとるべき鉄板行為のことを指しますが、実は「財テク」はテクニックとして考えた場合、成立はしにくいです。

何故なら、時代に応じてテクニックが変化するうえ不鮮明なものに対して実はコツがあると述べるのは不可能に近いので実質、「財テク」=財産を増やすためのコツとするのは間違いになります。

「資産運用」とは?

「資産運用」は、老後に備えて今ある資産を増やすことのみに年頭を置いた方法です。

運用方法は、金などの取引を行ったり、国債を買い上げるなど、ローリスク、ローリターンで資産を増やすことが「資産運用」になります。

「財テク」と「資産運用」の違い

「財テク」「資産運用」の違いは、財産の増やし方がハイリスク、ハイリターンであるか、ローリスク、ローリターンであるかです。

「財テク」は、投資方法がハイリスク側で、「資産運用」側は投資方法はローリスクが主になります。

「財テク」の例文

・『財テクとしての技術は一時期は仮想通貨が主だった』
この例は、財産を増やすための技術の中心は仮想通貨が主流だったと述べた例です。

しかし、仮想通貨は、「財テク」という技術を使用するタイプの投資においてはハイリスクのみを背負い、リターンを得られないことがだんだんと表面化すると途端、不安定に仮想通貨の市場が傾き一時的に財産を増やす行為としても機能が現状では難しくなりました。

「資産運用」の例文

・『老後に備えて資産運用を行う』
この例は、老後、働けなくなり収入がなくなることを見越してお金を老後に備えて増やそうという物です。

実は、「資産運用」は老後に使用することが可能なお金を増やすことであるため、実は貯金という当たり前の方法も実は「資産運用」になり老後に備えていくらあればよいかを計算したうえでお金を貯めれば一応「資産運用」は完了します。

まとめ

「財テク」「資産運用」の違いはハイリスク、ハイリターンであるか、ローリスク、ローリターンであるかです。

「財テク」は、短期間で収入を増やすための手段であるためリスクが伴います。

一方、「資産運用」は老後という期限があるため、長期手に二戦略を練られる分、リスクが少なく、見返りも少ないのです。

しかしながら、見返りが少なくとも確実に貯金を殖やすことが「資産運用」に当たりますので「財テク」のようによくわからない技術に手を出して痛い目を見るよりかは確実に資産を増やせるのが、「資産運用」になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典