スポンサーリンク

「貧困ビジネス」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「貧困ビジネス」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「貧困ビジネス」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「貧困ビジネス」の意味

経済的に貧しい人達をターゲットにして稼ぐビジネス

「貧困ビジネス」の解説

「貧困ビジネス」「ひんこんびじねす」と言います。

意味は「経済的に貧しい人達をターゲットにして稼ぐビジネスのこと」です。

派遣社員や請負労働者、ホームレスなど、貧困に陥っている社会的弱者をターゲットに稼ぐビジネスで、「弱者の味方」をうたいながら、しっかり収益を上げている組織が多くなります。

具体的には「ネットカフェ、住み込み労働、ゼロゼロ物件、無料低額宿泊所、消費者金融、ヤミ金融」などがあります。

どれも貧困者が利用しやすいことをPRしていますが、しっかりと賃料を請求してきて、給与や生活保護費から天引きされたり、支払いが滞ると即追い出されたり、環境が劣悪などのデメリットがあることで問題視されています。

「貧困ビジネス」の使われ方

「貧困ビジネス」は、主に経済評論家やネット評論家などが使う言葉です。

「貧困ビジネスは社会的弱者を食い物にしている」「貧困ビジネスは貧困層を固定化させている」などと言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典