「貧富の差」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「貧富の差」

「貧富の差」と聞いてイメージを思い浮かぶ方もいるのではないでしょうか。

やはりよく耳にする機会も多い言葉なので、日常的に活用しているケースも多いです。

とにかくイメージが分かる言葉ですし、お金持ちとそうではない方など、ザックリとした印象をお持ちになっているケースもあります。

まずは、きちんと「貧富の差」について意味を理解した上で、活用するようにしましょう。

やはり、諺など色々と知っておくことで幅広く文章を記載する際にも活用することができますし、なかなか満足できる文章をかくことができます。

人を惹きつけるような魅力ある文章を書けるようになるので、意味を理解した上で文章を書くときに用いるようにしましょう。

「貧富の差」の意味

「貧富の差」の意味は、経済的な豊かさの違いがあることを意味します。

貧しいものと富めるもの、経済格差を表しています。

例えば、一人はとても大金持ちでもう片方はあまり裕福でないご家庭など、差を感じることの例えとして用いられるケースが多いです。

各々のご家庭によっての経済格差なども出てきますし、そうしたときに用いることも多々あります。

よく最近では、「貧富の差」などニュースで見かけることもあるのではないでしょうか。

経済的な豊かさの違いの表現方法として「貧富の差」を用いて文章を作成するのも良いですし、語彙力の豊かさを表現できます。

「貧富の差」の言葉の使い方

ここで「貧富の差」の言葉の使い方について理解しておきましょう。

特に経済に関係する記事では、よく目にすることも多くなるはずです。

かなり活用する機会も増えますし、経済格差を表現する場合に「貧富の差」も用いた文章を使うことも多々あります。

「貧富の差」があることで、経済格差が生まれ、経済の低迷・治安の悪化・政治的な情勢においての不安など、色んな場面で大きな格差が生じるようになります。

こうした内容を表現する際に「貧富の差」を活用したりするので、言葉の使い方をきちんと理解し、どういった場面で用いればよいか自分なりに工夫しながら調べてみましょう。

「貧富の差」を使った例文・短文(解釈)

「貧富の差」を使った例文・解釈など幾つかご紹介するので参考にしてください。

「貧富の差」の例文1

「私と姉の家庭は、かなり貧富の差を感じる」

お姉さんとご自身との家庭の経済的な格差を感じているといった内容です。

各々、結婚して家庭を持ったあと、経済力などの格差も生じますし、そういう部分の表現の仕方として「貧富の差」を用いています。

「貧富の差」の例文2

「貧富の差により、学力は比例している」

収入や経済力の格差によって、学力は比例する様子が分かります。

裕福なご家庭とそうでないご家庭との学力の差を意味していることになります。

経済力があるご家庭は学力面のサポートも充実している様子が伝わるはずです。

「貧富の差」の例文3

「洋服などで貧富の差を感じることがある」

洋服などで経済的な格差を感じることがあるといった内容です。

やはり裕福な方は、持っている物や洋服なども高級な物を好みますし、かなりそういった部分で経済的な格差を肌身で感じるケースも多いことがわかります。

経済力がある方は洋服などブランド物を気軽に購入できるなど、色々と楽しむことができる余裕を持って生活をしてる様子が伝わってきます。

「貧富の差」の例文4

「主婦同士で集まると持ち物などで貧富の差を感じることがある」

主婦同士で集まったとき、やはり持ち物などで貧富の差を感じたり、ちょっとしたことで経済力の違いを感じるケースも多いはずです。

こうした主婦の集まりには多いことなので、けっこう気にする方もいることがわかります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典