「貧欲」と「強欲」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「貧欲」と「強欲」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「貧欲」「強欲」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「貧欲」とは?

「貧欲」とは、次々に欲を出して、満足することがないといった意味になります。

お金、品物だけでなく、知識欲に対しても使い、その際は勉強熱心、勉強に集中という意味になりますのでいい意味に解釈します。

「貪欲に知識を吸収」「若い時は、貪欲に本を読んでいた」「あの男は何事にも貪欲だから、油断できない」などと、使います。

「強欲」とは?

「強欲」とは、とても欲が深いという意味になります。

「欲張り」という言葉がありますが、その度合いが非常に強い人を「強欲」と言い表すのです。

「強欲な男だから、また金をゆすってくるはずだ」「あんな強欲な女と結婚したら財産は使い果たされてしまう」などと、使います。

「貧欲」と「強欲」の違い!

「貧欲」「強欲」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも「欲望」に関する言葉ですが、微妙に意味が違いますので混同しないようにしましょう。

「貪欲」とは次から次に欲を出して「満足しない」という意味になります。

お金や品物に対して「貪欲」とは悪い意味にとらえられますが、勉強、目標に対して「貪欲」であることはいい意味と解釈できます。

一方の「強欲」「非常に欲が深い」という意味になりますので、悪い意味で使うことがほとんどです。

わかりやすくまとめますと「貪欲は次々に欲が出て満足しない」「強欲は非常に欲が深い」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「貧欲」「強欲」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を正しく理解して、使い分けるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典