スポンサーリンク

「販路を広げる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「販路を広げる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「販路を広げる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「販路を広げる」とは?意味

商品を売りさばく方面やはけ口を広げるという意味で具体的には「コンビニエンスストアでゲームを売る」「ショッピングモールで自動車を売る」など今まで扱いがなかった店で商品を売ることを指します。

海外に販路を広げると言った場合は様々な国で商品展開を行うことを指し、この場合は大きなプロジェクトになるケースが大半です。

特定の店のみで販売するケースなどは販路限定販売といい、話題性を呼ぶ面と、数のあまり多くない品物を確実にさばくという目的が含まれます。

また、ひとつの自動車メーカーで販売店が複数用意されていて、その販売店は車の銘柄は全体の1/3程度が買えるというシステムがありましたが、これを統一してすべての販売店ですべての銘柄が変えるというのも販路を広げるという見方が適用される部分があると言えます。

「販路を広げる」の概要

販路を広げるという言葉は大半が企業が使う言葉ですが、日本政府として他国の政府に働きかけて販路を広げるというような使い方も可能ではあります。

基本的にはポジティブな要素、チャレンジする姿勢のある言葉で、目的としている会社もあるかもしれません。

テクノロジーによる販路を広げるというケースはトラック輸送が広がった現在ではあまりありませんが、秩父でとれた新鮮なぶどうを特急列車で輸送して池袋のデパートで販売するという例は新たな販路を広げる例と言えるでしょう。

新幹線などでも近しい試みを検討しています。

逆に法律の制限が厳しいタバコでは簡単には販路を広げることはできず、自販機の設置制限もあります。

「販路を広げる」の言葉の使い方や使われ方

「新たに千葉県に店舗を建設して販路を広げる」「駅の売店を自社コンビニに転換してプライベートブランドの販路を広げる」「アメリカに販路を広げる」などの使い方がありますが、どれも大きめのプロジェクトとなると言えます。

また、基本的には会社など販路を広げようとする側が販路を広げるという言葉を使います。

また、目的として使う言葉なので未来を対象に使うこともあります。

「販路を広げる」の類語や言いかえ

販路を開拓する、販路拡大、販売チャネルを広くするなどがあります。

新規出店も遠い意味の言葉ではないですが、こちらは小売業に限った言葉です。

言葉として言い換えられるものではありませんが、販路を広げる行為には開拓精神、フロンティア・スピリットなどから来ている部分もあります。

まとめ

販路を広げるという言葉はもともとの業務がある程度波に乗った時点からさらに上を目指すための行為と言えるもので、商品そのものの販路を広げる行為だけではなく、直接の商品を販売せず、ブランドを知らしめる目的で販路を広げるケースもあります。

いずれにしても販路を広げるということは会社にとって大きなプロジェクトになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典