「販路開拓」と「販路拡大」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「販路開拓」と「販路拡大」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「販路開拓」「販路拡大」の違いを分かりやすく説明していきます。

「販路開拓」とは?

「販路開拓(はんろかいたく)」とは、「自社の商品(製品)・サービスを売るための販売ルートや販売先のチャネルを新たに見つけ出すこと」を意味しているマーケティング用語です。

「販路開拓」というマーケティング用語は、「自社の商品・サービスを売ることができる新しい顧客・取引相手を見つけ出すこと」「新たな顧客・取引先の獲得につながるような販売方法・販売チャンネルを見いだすこと」を意味しているのです。

「販路拡大」とは?

「販路拡大(はんろかくだい)」とは、「自社の商品(製品)・サービスを売るための販売ルートや販売チャネルを広げて、顧客・売上を増やすこと」を意味しているマーケティング用語です。

「販路拡大」というマーケティング用語は、「販路開拓によって見つけ出した自社の商品・サービスの販売ルートを広げて、顧客・取引先の数を増やすこと」を意味しています。

「販路拡大」を成功させることができれば、顧客・取引先の数が増えるのに合わせて売上・利益も増えやすくなり、企業の業績も必然的にアップすることになるのです。

「販路開拓」と「販路拡大」の違い!

「販路開拓」「販路拡大」の違いを、分かりやすく解説します。

「販路開拓」「販路拡大」「自社の製品・サービスを売るためのルートと関係しているマーケティング用語」であるという点では似ていますが、「販路開拓」というのは「新しい商品・サービスの販売ルートや販売チャネル(販売先・販売方法)を見つけ出すこと」を意味しています。

「販路開拓」に対して「販路拡大」というマーケティング用語は、「開拓して見つけ出した商品・サービスの販売ルートをさらに広げること、その結果として顧客および取引先を増やすこと」を意味しているという違いがあるのです。

まとめ

「販路開拓」「販路拡大」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「販路開拓」とは「自社の商品・サービスの新しい販売方法や販売先・チャネルを見つけ出すこと」を意味していて、「販路拡大」「自社の商品・サービスを売るための経路を広げて顧客(取引先)を増やすこと」を意味している違いがあります。

「販路開拓」「販路拡大」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典