「貪婪」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「貪婪」

「貪婪」の読みは「どんらん」「たんらん」とも言います。

使い方をここで理解しておくと自分で文章を考える場合に活用することができるので、理解しておきましょう。

「貪婪」の意味

「貪婪」の意味ですが、非常に欲深いことですが、貪欲でもあります。

特に他人から貪婪に見える方もいるので、そういう時には周りもサーっと引くこもと多々あります。

あまりにも貪欲で近寄りたくない存在の場合に「貪婪」など用いて表現してみるのも効果があります。

また、貪欲になって様々な物事を吸収するといった利点などもあります。

「貪婪」の言葉の使い方

「貪婪」の使い方を理解しておきましょう。

様々な意味・使い方を理解しておくことで、語彙力もアップしますし、色んな場面で活用することができます。

「貪婪」を使った例文・短文(解釈)

「貪婪」

を使った例文と解釈を紹介します。

「貪婪」の例文1

「百獣の中で尤も聡明なる大象と、尤も貪婪なる小豚と結婚する様なものだ」

夏目漱石の吾輩は猫であるの一文です。

百獣の中うちでもっとも聡明な大象と、もっとも貪欲な小豚と結婚するようなものだという例えです。

聡明な大象と貪欲な子豚は釣り合っていないという意味も含まれています。

子豚はかなり悪賢い印象を受けるはずです。

「貪婪」の例文2

「自分の中にある貪婪さに驚いてしまう」

自分の中にある貪欲さに自分自身驚いてしまうことです。

自分では今まで気づかなかった貪欲さ・計算高い部分など、自分にとってこういう部分もあったんだ!と驚きを感じる様子がわかるでしょう。

人間は誰しも欲はあるので、そういった部分に驚いたり、自分では気づかない部分も多々あるので「貪婪」という言葉を用いて新たな自分を発見するのも良いでしょう。

「貪婪」の例文3

「あの人は貪婪な政治家だ」

かなり貪欲な政治家ということです。

欲が深い政治家なので、かなり悪賢いことも考えているような印象を受けます。

自分が政治家としてトップに立ちたいなど、欲が深く何かしら企んでいる部分があるような、好印象を持てない政治家ではないでしょうか。

やはり、あまりにも自分の欲が深い政治家だと、人々や国民にとって利点がある政治をしてくれるか不安ですし、そういった意味を踏まえても「貪婪」を用いることで印象がかなり欲深さが伝わるはずです。

「貪婪」の例文4

「あの人は貪婪なので用心したほうが良いわ」

貪欲・欲深い人なので近寄るのは危険といった意味も含まれています。

付き合うとしてら少し距離を起き、用心したほうが良いなど、その辺をきちんと理解した上で付き合うことが必要になる要注意人物です。

気心い知れた間柄でしたら、欲深い人との接し方を考慮するようなアドバイスの仕方として「貪婪」を用いても良いかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典