スポンサーリンク

「買い上げる」と「買取」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「買い上げる」と「買取」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「買い上げる」「買取」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「買い上げる」とは?

「買い上げる」「かいあげる」と読み、以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は「政府が民間から物を買うこと」という意味で、「政府がマスクを買い上げる」などと言います。

悪質な転売を防いだり、農作物が余り過ぎて価格破壊が起きそうな時に、政府が介入して商品を買う時に使われます。

2つ目は「すっかり買い尽くすこと」という意味で、「店頭にあるものを全て買い上げた」などと言います。

そこにあるものを全て買い納める時に使われます。

上記に共通するのは「上の立場として物を買う」という意味です。

「買取」とは?

「買取」「かいとり」と読み、以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は「使用した商品を返品せずに購入すること」という意味で、「レンタルしていた車をそのまま買取した」などと言います。

2つ目は「業者が中古商品を消費者から購入すること」という意味で、「ブランド品を買取して貰った」などと言います。

こちらの意味の場合、ビジネスとしての「買取」を表し、業者は中古品を「買取」して、更に値段を付けて必要な人に販売することを表します。

上記に共通するのは「ある程度使用したものを購入する」という意味です。

「買い上げる」と「買取」の違い!

「買い上げる」「政府が民間から物を買うこと」「すっかり買い尽くすこと」です。

「買取」「使用した商品を返品せずに購入すること」「業者が中古商品を消費者から購入すること」です。

まとめ

今回は「買い上げる」「買取」の違いをお伝えしました。

「買い上げる」「上の立場で買う」「買取」「使用した物を買う」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典