スポンサーリンク

「買う」と「買い求める」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「買う」と「買い求める」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「買う」「買い求める」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「買う」とは?

「買う(かう)」とは、「お金を支払って、商品・権利を手に入れたりサービスを受けたりすること」です。

「買う」は多義語であるため、「自分の振る舞いが原因となり、悪い感情・結果を招く」「積極的に受け付ける」「何らかの行為・要素の価値を承認する」といった別の意味も合わせて持っています。

「買う」の使い方

「買う」は複数の意味で使うことが可能な動詞です。

まず「買う」は、「対価となる金銭の支払いをして商品・権利を所有すること、あるいはサービスを利用すること」の意味で使えます。

「買う」には「恨みを買う」のように、「好ましくない感情・反応を生み出す」を示唆して使う用法があります。

また「喧嘩を買う」の定型句で、「(挑発・揉めごとを)自発的に引き受ける」の意味での使い方もあります。

さらに「あなたの人間性を買っています」に示されるように、「対象となる人やモノに何らかの価値を認める」の意味でも使用できます。

「買い求める」とは?

「買い求める(かいもとめる)」とは「買うと求めるを組み合わせた言葉」で、「欲しいものを手に入れるために対価(代金)を支払うこと」を意味しています。

「買い求める」というのは、「必要なものや欲しいと思っているものを、お金を支払う方法で得ること」を示している動詞なのです。

「買い求める」の使い方

「買い求める」の動詞は、「代金のお金と交換する方法で、必要なもの(欲求しているもの)を所有する」という意味合いで使われます。

つまり「買い求める」とは、「購入して手に入れること」を指して使用されている言葉です。

例えば、「ステーキと野菜をスーパーで買い求めました」のような文章で使えます。

「買う」と「買い求める」の違い

「買う」「買い求める」の根本的な違いは、「買う」「複数の意味を持つ多義語」であるが、「買い求める」「購入して手に入れるの一つの意味だけの言葉」である違いです。

「買う」には「お金と交換する形でモノやサービスを獲得する」の意味だけではなく、「買い求める」にない複数の別の意味があります。

例えば、「口が悪くて人の怒りを買う・酔っ払いが売ってきた喧嘩を買う・その人の専門知識を買う」などの「買う」の意味および用法は、「買い求める」にはないので言い換えは不可能なのです。

すなわち、「買う」には「買い求める」が持っていない「自分の言動によって、相手のネガティブな感情・反応を生んでしまう」「率先して引き受ける」「対象の何かの価値を認める」などの意味があります。

また「買い求める」のほうが「買う」と比べると、「本当に必要なものを得る・強く欲求していたものを入手する」などの「ニーズの強さのニュアンス」が込められている違いも指摘できます。

まとめ

「買う」「買い求める」の違いを詳しく説明しましたが、いかがでしたか? 「買う」「対価となる金銭を払って、モノ・サービスを得ること」を意味していて、「買い求める」「必要な物品をお金を支払って入手すること」を示している違いがあります。

「買う」「買い求める」の違いを調べたい時は、この記事を読んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典