「資産家」と「投資家」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「資産家」と「投資家」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「資産家」「投資家」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「資産家」とは?

「資産家」の意味と概要について紹介します。

「資産家」の意味

「資産家」「しさんか」と読みます。

意味は「財産を多く所有する人」です。

「資産家」の概要

「資産家」は職業ではなく、実際に現金と同じ価値のある「資産」を多く保有している人のことを言います。

「資産」とは、現金に変えられるものであり、「不動産」「株」「貴金属」「車」などがあります。

「資産家」とは、上記の中でも「不動産」を持っていることを言います。

その不動産が投資用である場合、マンションを建てたり駐車場にしたりして、毎月一定額の収益になります。

但し、自分が住んでいる家の土地が広大なだけの場合、外から収入はない上に税金がかかるので、「土地はあってもお金がない」という「資産家」もいるのです。

「投資家」とは?

「投資家」の意味と概要について紹介します。

「投資家」の意味

「投資家」「とうしか」と読みます。

意味は「事業・不動産・証券などに投資する人のこと」です。

「投資家」の概要

「投資家」とは、利益を得ることを目的として、自分が保有している資本を投資する人のことを言います。

一般的に、ビジネスや不動産、外貨などに投資して資金運用するもので、配当により利益を得ることが目的である他に、経営に参与することを目的としている人もいます。

「投資家」には、個人の資産を小口で運用している「個人投資家」と、生命保険や投資信託などの法人で、他人から預かっている資金を運用する「機関投資家」があります。

「資産家」と「投資家」の違い!

「資産家」「財産を多く所有する人」です。

「投資家」「事業・不動産・証券などに投資する人のこと」です。

まとめ

今回は「資産家」「投資家」の違いをお伝えしました。

「資産家は財産を持っている人」「投資家は財産を投資する人」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典