スポンサーリンク

「質問を投げかける」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「質問を投げかける」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「質問を投げかける」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「質問を投げかける」とは?意味

「質問を投げかける」は、相手の方に対して質問に答えてもらえるようふるまう様子のことです。

その上で、「質問を投げかける」は、対象となる者が答えやすくなるよう質問をすることにあります。

その為、質問に答えてもらえないであろうというケースは「質問を投げかける」とは言いません。

「質問を投げかける」の概要

「質問を投げかける」の投げかけるの部分は、相手側に質問という物が届くことが前提で、必ず相手側に質問であるということが伝わらないといけません。

その為、「質問を投げかける」は、対象となる者に、質問があるということを伝えてからが重要で、質問したいことを相手が理解できないと全く意味がありません。

「質問を投げかける」は、必ず相手側が答えるであろう質問をする様子だと認識しておくとよいでしょう。

「質問を投げかける」の言葉の使い方や使われ方

「質問を投げかける」は相手に対して答えてもらえそうな質問を行った様子を示すために使用します。

つまり、行動を示す言葉として使用します。

「質問を投げかける」を使った例文

・『彼に浮気をした事実に対する質問を投げかける』
この例は、彼という人物に対する行動を示しており、浮気に関して質問をしたという行動を示します。

「投げかかる」が行動を示し、この行動は相手側が恐らく答えることができる理解できる行動です。

なお、質問に答えるかどうかは彼次第です。

・『横領したという事実が本当であるかどうかについて政治家に質問を投げかける』
この例は、横領という問題に対して疑惑がある政治家の方に対して事実確認をしている例になります。

「質問を投げかける」は、このケースでは、事実確認のことを意味し、事実であるかどうかを政治家の方に答えてもらおうとしています。

この問いかけに関しては、政治家は、別に本当のことを言う必要性はなく、答えられる範囲で答えを述べればよいのです。

しかも、その答えは別に真実である必要性はありません。

つまり、「質問を投げかける」は、疑問に対する答えであるが故、答えかな?と相手が理解すればそれでよしとします。

まとめ

「質問を投げかける」は、いわば、様子を示す言葉で「投げかける」という部分が相手側が理解することができる言葉という意味です。

その為、「質問を投げかける」とは相手が理解できる質問である必要性があります。

そして答える側は別に正直に質問に対し、答えを述べる必要性はなく、相手側が理解すればそれでよいのです。

逆を返せば、「質問を投げかける」の答えは、相手側が答えであると理解すれば、納得させる必要性はなく、納得できない側もそれは答えですか?と問い返せば質問内容が無効ではないかと言い返せるのです。

つまり、「質問を投げかける」は、言い方を悪く言えば、絶対に正しい答えを聞き出そうとしているわけではないとも言え、あえて意地悪な質問で相手側がそれを理解しているかどうかの様子を楽しむこともできると言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典