スポンサーリンク

「贅肉」と「脂肪」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「贅肉」と「脂肪」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「贅肉」「脂肪」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「贅肉」とは?

「贅肉」【ぜいにく】は体に付く余分な「脂肪」(体脂肪)のことです。

「贅肉」という言葉に使われる漢字の「贅」は役に立たない余計なものを表し、「肉」は人や動物の体を構成する筋肉や脂肪などの組織を指しています。

一般に「肉」は、たんぱく質で構成される筋肉、食肉で言えば赤身の部分を指します。

ただし、体を覆っている組織というニュアンスで、「体脂肪」も筋肉とまとめて「肉」と呼ばれることがあります。

「贅肉」は筋肉ではないので厳密にいえば「肉」ではありません。

ただし、体を覆う余計な肉ということで、余った無駄な「体脂肪」「贅肉」と呼ばれているのです。

「贅肉」「脂肪」を邪魔なもの、良くないものという目線で見た俗っぽい表現にあたります。

話し言葉ではかわいらしく「お肉」と呼ばれるときもあります。

「体脂肪」と成分や組織に変わりはありません。

しかし「脂肪が付く」という言い方よりも「贅肉が付く」と言うほうが、よりネガティブなニュアンスが強まります。

また「贅肉」は、比喩的な表現として「余分なもの」「取り除いたほうがよいもの」という意味で使われることもあります。

一例として「贅肉をそぎ落とした経営で売上を向上させる」などの使い方が挙げられます。

「脂肪」とは?

「脂肪」【しぼう】は、生物の体に含まれる栄養素のひとつで、体のエネルギー源になる成分を指します。

「脂質」「あぶら」と呼ばれることもあります。

「脂肪」は脂肪酸、グリセリドなどで構成される、水に溶けない性質を持つ物質です。

食品では油脂に含まれます。

動物の体では、生命を維持するためのエネルギーやホルモンなどの材料として、また「体脂肪」を蓄えるために欠かせない成分となっています。

「脂肪」(脂質)はエネルギー(カロリー)が高いので、少量を摂取しただけでも効率良くエネルギー源が補えるところが特徴です。

一部は「体脂肪」に変えられ、体を保護するためのクッションの役割を担います。

食事から必要以上に「脂肪」を摂取したり、運動不足でエネルギーがあまり消耗されなかったりすると、体内で余った脂質が余分な体脂肪に変わり、肥満や生活習慣病を引き起こしてしまいます。

動物性食品、乳製品、揚げ物やスイーツなどは脂質が多く含まれ、好んで食べると余計な「脂肪」を摂取しやすくなります。

逆に食事制限などで脂肪の摂取量が不足すると、痩せ過ぎ、ホルモンバランスの乱れ、機能の低下などを招いてしまいます。

健康のためには、食生活をコントロールし、適切な量の「脂肪」を摂取する必要があるのです。

「贅肉」と「脂肪」の違い

「贅肉」「脂肪」の違いを、分かりやすく解説します。

「贅肉」は体に付いた余分な「脂肪」のことです。

無駄なものという意味も持ちます。

「脂肪」は動物や植物に含まれる物質で、動物のエネルギー源として欠かせない栄養素のひとつです。

体に付いている「脂肪」のうち余計に付いてしまった脂肪が「贅肉」にあたります。

食品に含まれる「脂肪」を食べると、その一部が「体脂肪」に変換されます。

「体脂肪」は体を保護するために欠かせません。

ただし、肥満や生活習慣病の原因になる無駄な「体脂肪」「贅肉」「お肉」というネガティブな呼び方をされるようになってしまいます。

まとめ

「贅肉」「肉」という漢字が付きますが、厳密には肉ではなく、「脂肪」と同じものを指します。

「脂肪」「贅肉」という言い方に換えるとネガティブなニュアンスが出てくるので、状況に応じて適切な使い分けをすることが大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典