スポンサーリンク

「赤カブ」と「ラディッシュ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「赤カブ」と「ラディッシュ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「赤カブ」「ラディッシュ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「赤カブ」とは?

「赤カブ」とは、皮の色が赤色や赤紫色をしているカブを指します。

色合いや、赤色をした部位の範囲まで、その見た目は様々です。

伝統野菜として育てられていることが多く、山形の「温海かぶ」、岐阜の「飛騨紅かぶ」が代表的な品種です。

「ラディッシュ」とは?

「ラディッシュ」とは、ハツカダイコン(二十日大根)のことです。

「赤カブ」と「ラディッシュ」の違い

「赤カブ」「ラディッシュ」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つは、見た目は似ていますが、野菜としての種類が全く違います。

「赤カブ」はカブ(アブラナ科アブラナ属)の野菜です。

一方の「ラディッシュ」は、カブのような見た目ですが、大根(アブラナ科ダイコン属)なのです。

和名が「二十日大根」であるところからも、大根の仲間であることが分かります。

また、「ラディッシュ」という英単語自体が、大根という意味を持っています。

もともとカブと大根じたいが、見た目だけでは実は違いを捉えづらい野菜となっています。

丸型の大根もあれば、円筒形のカブもあります。

大根とカブの判別方法のひとつが、葉の形状を観察する、というものです。

ラディッシュの葉はギザギザとした形状をしており、大根の葉と同一です。

カブの葉は大根よりも直線状になっています。

また、ラディッシュは必ずしも赤色とは限りません。

白いラディッシュも存在しています。

日本では、小型の大根を総称して「ラディッシュ」と呼んでいるのです。

まとめ

「赤カブ」「ラディッシュ」は、野菜としての種類が異なります。

「赤カブ」はカブ類ですが、「ラディッシュ」は大根の仲間です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典