「赤ピーマン」と「パプリカ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「赤ピーマン」と「パプリカ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「赤ピーマン」「パプリカ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「赤ピーマン」とは?

「赤ピーマン」とは「一般的な緑色のピーマン(ナス科トウガラシ属)が成熟して赤色に変わった野菜」のことで、開花後50日~60日で収穫したピーマンになります。

「赤ピーマン」「カロテン・カプサイチン」の赤い色素を持っていて、「ビタミンC・ビタミンE」などの栄養価が緑ピーマンよりも高くなっています。

「赤ピーマン」の味は、「緑ピーマンよりも甘くて生で食べやすい」という特徴があります。

「パプリカ」とは?

「パプリカ」とは、「南米原産レッドペッパーをハンガリーで品種改良して辛さを抑えて甘さを強めた野菜(ナス科トウガラシ属)」のことです。

赤色の「パプリカ」「キサントフィル(カロテノイドの一種)」の赤い色素を持っていて、黄色の「パプリカ」はアンチエイジング効果があるとされる「ルテイン」を含んでいます。

「パプリカ」は成熟と合わせて色が変わり、「緑色→黄色→オレンジ色→赤色」へと変色していきます。

「赤ピーマン」と「パプリカ」の違い!

「赤ピーマン」「パプリカ」の違いを、分かりやすく解説します。

「赤ピーマン」「パプリカ」「ナス科トウガラシ属に分類される野菜」であり、学術的にはピーマンとパプリカは区別されていません。

「赤ピーマン」「普通の緑色のピーマンをさらに成熟させて赤色に変わったもの」を意味していますが、「パプリカ」よりも「大きさが小さい・食用部分の厚みが薄い」の違いがあります。

「パプリカ」「赤色以外にも緑色・黄色・オレンジ色のカラフルな色がある」という違いもあります。

「赤ピーマン」の旬は「4月中旬~7月中旬」ですが、パプリカの旬は「6月~9月」になります。

まとめ

「赤ピーマン」「パプリカ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「赤ピーマン」とは「一般的な緑色のピーマンが成熟して赤色に変わり栄養価も高くなったもの」を意味していて、「パプリカ」「南米原産のレッドペッパーをハンガリーなどで品種改良して甘くしたピーマンよりも肉厚・大ぶりの野菜」を意味している違いがあります。

「赤ピーマン」「パプリカ」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典