スポンサーリンク

「趣旨に沿う」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「趣旨に沿う」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「趣旨に沿う」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「趣旨に沿う」とは?意味

「趣旨に沿う」「趣旨」とは、何か物事を行う際の目的や理由を意味する言葉であり、また文章において伝えたいことや、言いたいことを指す言葉です。

一方で、「趣旨に沿う」「沿う」は長く続いているものから離れぬようにする意味や、方針に従ってそれから逸脱しないようにして何かを行うことを指す言葉です。

従って、「趣旨に沿う」の慣用句の意味は、何か物事を行う際の目的や理由から逸脱しないように推進する事を意味する言葉です。

「趣旨に沿う」の概要

「趣旨に沿う」の意味は、前項で記載した通りですが、「趣旨」には「主旨」、そして「沿う」には「添う」という同音で似た言葉があります。

それぞれの違いを説明し、「趣旨に沿う」の意味をさらに掘り下げたいと思います。

「趣旨」は先に記した様に、何か行う際の目的や理由を意味する言葉で、一方の「主旨」は中心となる事柄を指します。

非常に似ていますが、ニュアンスの異なる言葉です。

また「沿う」は先に記した様に、長く続いているものから離れぬようにする意味や、方針に従ってそれから逸脱しないようにして何かを行うことを指す言葉で、一方の「添う」は、そばを離れずにいる事を指したり、目的通りに行う事や、それが達成できるようにする意味を持っています。

それぞれの一つ目の意味では、道路のように長く続くものの側にいるか、単に側にいるかの違いがありますが、二つ目の意味ではほぼ同じと言えます。

従って、「趣旨に沿う」「趣旨に添う」と表記しても間違いではないと言えるでしょう。

これは「希望に沿う」「希望に添う」や、「期待に添う」「期待に添う」のいずれも使われるのと、同様と言えます。

「趣旨に沿う」の言葉の使い方や使われ方

「趣旨に沿う」は『彼はプロジェクトの趣旨に沿って、難しい仕事を成し遂げた。』や『先日の会議で決定した趣旨に沿って、早期に改善策を実行に移しました。』の様に使われます。

「趣旨に沿う」の類語や言いかえ

「趣旨」の類語としては、「趣意」「ポイント」「思惑」「目論見」などを上げる事が出来ます。

従って、「趣旨に沿う」「趣意通りに」「ポイントを外さずに」「思惑通りに」「目論見通りに」と言い換える事が出来ます。

まとめ

「趣旨に沿う」の慣用句の意味は、何か物事を行う際の目的や理由から逸脱しないように推進する事を意味する言葉です。

「趣旨」に似た同音語として「主旨」がありますが、両言葉にはニュアンスの違いあり、「主旨に沿う」とすると、やはり少しニュアンスが違います。

また「沿う」に似た同音語として「添う」と言う言葉がありますが、二つの言葉は使われ方によって意味が異なる場合もありますが、「趣旨に沿う」においては、本文で説明した様に「趣旨に添う」としても、同じ意味となり間違いではないと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典