「足元にも及ばない」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「足元にも及ばない」

足元にも及ばないという表現は相手の企業や力量がとても優れているため、全然叶うような状態ではないという意味を指しています。

足元へもよりつけないという意味も持っています。

相手がとても優れているとなかなか近づけないですよね。

そのような状態を表しています。

「足元にも及ばない」の意味

足元にも及ばないというのは相手が優れていてとても比べられないという意味を持ち、日常的にも使うことができる表現です。

尊敬する人に対し、「足元にも及びません」といった使い方が可能です。

「足元にも及ばない」の言葉の使い方

日常的にもビジネスにおいても使うことができる表現であり、例えば何かを褒められたときに「とんでもありません。

まだ○○さんの足元にも及びません」
といった使い方ができるのです。

謙遜する時にも使えます。

「足元にも及ばない」を使った例文・短文(解釈)

それならば、足元にも及ばないという表現は一体どのように使われるのでしょうか。

ここでは足元にも及ばないという表現の例文をいくつか紹介します。

「足元にも及ばない」の例文1

「私は一生懸命ダイエットや美容を意識してきたけれど、それでも姉の足元にも及びません」自分の姉がとても美人だったら出来る限り似たような姿になりたいと思いますよね。

自分自身も美容やダイエットを意識してみたり、運動をして引き締まった体を目指してみたり、いろいろ工夫をするのではないでしょうか。

ビタミンCを積極的に取って美肌を意識してみたり、髪型を変えてみたり、考えますよね。

しかし確かに自分のレベルが上がったとしても、それでも姉にはかなわないという場合、足元にも及ばないということができます。

また、仮に姉よりもきれいになれたと思ったとしても、周りから褒められた時に姉の足元にもかなわないといった返答をすることで謙遜の気持ちを表すことも可能です。

「足元にも及ばない」の例文2

「まだまだ先輩の足元にも及びません。先輩の記憶は超えられません」

部活などで新しい記憶を出していく中、自分のレベルを高くしていくと周りから褒められることもあるかもしれません。

しかし上には上がいると言われています。

もしも先輩が自己ベストを持っており、それにまだ追いつくことができていない状態であれば、どれだけ褒められたとしても謙遜する気持ちを忘れないでいたいものです。

まだまだ先輩の記録を超えたわけではないということを肝に銘じ、努力を続けていきたいですね。

「足元にも及ばない」の例文3

「私のお店もそれなりに繁盛してきたが、それでもこの中小企業を立ち上げた父の経営者としての技術の足元にも及ばない」

父親が経営してきたお店を継ぎ、形を拡大するべく努力を続けるということもあるのではないでしょうか。

この経済ですから、それはそれでなかなか大変ですよね。

しかし、最近では例えば農家の息子がコンピュータープログラミングなどを学ぶことにより、野菜などをより高く売るビジネスもできています。

そのためどの分野の学問がビジネスの役に立つかということもわかりません。

そのような中でもしも会社を広げることができた場合、それでもその会社を立ち上げた父親にはかなわない、という意識を持つことで会社の進展に貢献することができます。

自分に満足してしまったらお店はそこまでしかうまくいかないかもしれません。

「足元にも及ばない」の例文4

「どれだけ練習を積んだとしても、私は先生の足元にも及びません。先生は本当に凄いと思う」

学校などに行くと先生から褒められることもありますよね。

やっと勉強がわかるようになり、先生から認めてもらうということもあるかもしれません。

それでも、やはり先生にはかなわないと思うことがあるのではないでしょうか。

どれだけ自分は勉強ができるようになったら、何でもできる、何でも得意、と思ったとしても、先生の人徳にはかなわない、先生の雰囲気にはかなわない、先生の優しさにはかなわない、と思うこともあるかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典