スポンサーリンク

「身軽に生きる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「身軽に生きる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「身軽に生きる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「身軽に生きる」とは?意味

「身軽に生きる」とは、物理的、精神的に余分なものがなく、軽やかに生きることを意味しています。

「身軽に生きる」の概要

「身軽に生きる」「身軽」とは、体が軽くて、活動しやすい様子のことを言います。

また、負担になるようなものや、煩わしいものなどから離れて、楽に行動できるという意味もあります。

そこから、「身軽」は物理的なものと精神的なものの両方の負担が少なく、行動しやすいという意味になり、このような状態で生きることを「身軽に生きる」と言うことができます。

「身軽に生きる」の言葉の使い方や使われ方

「身軽に生きる」を使った文をいくつかご紹介します。

『これからは身軽に生きることが重要視される世の中になって行きます』
『あの人はまさに身軽に生きるお手本のような人です』
『私はこの本を読んで、身軽に生きることの大切さを教わったような気がします』

「身軽に生きる」の類語や言いかえ

「身軽に生きる」に似た意味の言葉をいくつか挙げてみます。

『軽やかに生きる』とは、特に精神的な面に対して、自由でありのままに生きると言うような意味があります。

『自由気まま』は、何かに縛られることなく、自分の思う通りにすることです。

時として、わがままや自分勝手と捉えられてしまうこともあります。

『ミニマリスト』とは、持ち物を必要最小限に減らし、物理的な物を極力持たずに生活する人のことを言います。

スッキリした環境に居ることで、心の余裕も生まれてくるようです。

これらは心や物に対して、できるだけ負担を軽くし、自由で軽やかな生き方を指していると言えるでしょう。

まとめ

ストレスの多い環境は言い換えれば、物が多すぎたり、何らかの圧力や制圧を受けている状況だと言えます。

一昔前までは物理的豊かさが多く求められた時代でした。

物質的豊かさが求められると、より多くの物を手に入れることが幸福になる条件のように思えてきます。

しかし、「身軽に生きる」ことを意識することで、何もなくても心を満たすことはできますし、幸福感を得ることもできます。

また、「身軽に生きる」ようになると、自分にとって本当に大切なものが何なのかが見えてきます。

物が多すぎて溢れかえっているような状態というのは、自分の頭の中の思考が反映されているとも言われています。

そのため、不要なものを減らすことによって、同時に自分の頭の中も整理されていくことに繋がります。

何が自分にとって大切なのかの価値観は、人によって違ってきます。

もし、自分にとって何が大切なのか分からない時は、まずは不要な物を減らしてみるところから始めてみるのも良いかもしれません。

「身軽になる」ことで、自分の中にある本当に大切なものを見つけることができるでしょう。

そして、そこから心の豊かさや、幸せな気持ちを感じられることを見つけていきたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典