「軟水」と「硬水」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「軟水」と「硬水」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「軟水」「硬水」の違いを分かりやすく説明していきます。

「軟水」とは?

「軟水」の意味と概要について紹介します。

「軟水」の意味

「軟水」「なんすい」と読みます。

意味は「硬度100以下の水のことで、日本で普段飲まれている」になります。

「軟水」の概要

「軟水」は、基本的に硬度100以下の水のことを言います。

「硬度」とは、水1リットル中に含まれる「カルシウム」「マグネシウム」の量を度合いのことで、日本ではアメリカの基準を採用しています。

「軟水」はミネラルが多過ぎない為に、胃腸が弱い人でも安心して飲めます。

赤ちゃんのミルク作りには「軟水」が向いていて、子供にも飲ませられます。

日本の水道水は「軟水」であり、飲み水や料理などに幅広く使える他、刺激が少ないので身体を洗うのにも適しています。

「硬水」とは?

「硬水」の意味と概要について紹介します。

「硬水」の意味

「硬水」「こうすい」と読みます。

意味は「硬度100以上の水のことで、ミネラルウォーターとして販売されている」になります。

「硬水」の概要

「硬水」は、上記で紹介した硬度が100以上ある水のことを言います。

ミネラル分が多いので、味も何となくクセが感じられて、返ってそれが美味しいと感じる人もいます。

海外ではミネラルウォーターとして販売されていて、ダイエット効果があるとして飲まれています。

ただし、胃腸が弱い人が飲むとお腹の調子が悪くなることもあるので、子供には飲ませない方が良いでしょう。

「硬水」はミネラルが多いので、煮物の煮くずれを防ぐ効果があり、パスタを茹でるのにも向いています。

「軟水」と「硬水」の違い!

「軟水」「硬度100以下の水のことで、日本で普段飲まれているもの」です。

「硬水」「硬度100以上の水のことで、ミネラルウォーターとして販売されているもの」です。

まとめ

今回は「軟水」「硬水」の違いをお伝えしました。

「軟水は軽くて飲み易い」「硬水はミネラルが多い」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典