スポンサーリンク

「転出届」と「転入届」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「転出届」と「転入届」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「転出届」「転入届」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「転出届」とは?

「転出届(てんしゅつとどけ)」とは、「引っ越した時に、元の住民票がある市区町村に必要書類をそろえて届けを出すこと・その届」を意味しています。

「転出届」「役所の窓口」だけでなく「郵送」によっても行うことができ、届が受領されると「転出証明書」をもらえます。

「転出届」の提出期間は、「引っ越しをする2週間前から引っ越し後2週間まで」になります。

「転入届」とは?

「転入届(てんにゅうとどけ)」とは、「転居する時に、新しく住民票を移す市区町村に必要書類をそろえて届けを出すこと・その届」を意味しています。

転出していないのに転入届を出す不正を防ぐため、「転入届」「転出届の後」にしか提出できません。

「転入届」には、「本人確認書類+転出証明書」が必要だからです。

「転出届」の提出期間は、「引っ越し後2週間まで」になります。

「転出届」と「転入届」の違い!

「転出届」「転入届」の違いを、分かりやすく解説します。

「転出届」「転入届」はどちらも「引越しをした時に役所に提出する届け」を意味していますが、「転出届」とは「元の住民票がある市区町村に必要書類をそろえて届けを出すこと」であり、「転入届」のほうは「新たに住民票を移す市区町村に必要書類をそろえて届けを出すこと」である違いがあります。

「転入届」には「転出証明書」の添付が必要なので、「転出届」の後でしか提出できない違いもあります。

「転入届」「役所の窓口のみで行う手続き」ですが、「転出届」のほうは「郵送手続き」もできます。

まとめ

「転出届」「転入届」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「転出届」とは「転居した時に、元の住民票がある市区町村に必要書類をそろえて届けを出すこと・転出届は郵送も可」を意味していて、「転入届」「転居する時に、新しく住民票を移す市区町村に必要書類をそろえて届けを出すこと・役所の窓口で行う・転出届の後でしかできない」を意味している違いがあります。

「転出届」「転入届」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典