スポンサーリンク

「近日中」と「今日」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「近日中」と「今日」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「近日中」「今日」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「近日中」とは?

「近日中」の意味と使い方について紹介します。

「近日中」の意味

「近日中」「きんじつちゅう」と読みます。

意味は「将来のごく近いうちのこと」です。

「近日中」の使い方

「近日中」は、ここ2日~3日の間で、将来のごく近いうちのことを言います。

いつ、という明確な定義はなく、あくまで「近いうちに」を表す言葉で、使う人の捉え方次第では2日、3日のここともあれば、1週間くらいかかることもあります。

少なくとも今日すぐにではなく、改めて予定を組んで連絡するというニュアンスが強くなります。

ビジネスで取引先など重要な相手の場合、「近日中」は2日~3日が目安です。

ただし、通販で「近日中に入荷予定」と掲載されている場合、1週間位かかることもあります。

また、社交辞令で「近日中に飲みに行きましょう」と言う場合、1ヵ月以上かかったり、あるいはそのまま話がなくなってしまうこともあるのです。

「今日」とは?

「今日」の意味と使い方について紹介します。

「今日」の意味

「今日」は読み方により意味が違ってきます。

「きょう」と読む場合、「今すごしているこの日のこと」「その人同じ日付や曜日の日」という意味です。

「こんにち」と読む場合、「この日」「今の時代」「現在」という意味です。

「今日」の使い方

「今日」は読み方により意味や使い方が変わって来ます。

「きょう」と読む場合、ある特定の一日を表します。

それがその日の場合は「今日はいい日だ」と言い、日にちに差がある時には「10年前の今日出会った」などと言います。

「こんにち」と読む場合、「きょう」「その日」という意味の硬い表現として使われる他、「現代」として「今日の日本経済」と言ったり、「現在」として「今日の成功を収めた」などと言います。

いずれも共通しているのは「自分を基準にしたその日」という点です。

「近日中」と「今日」の違い!

「近日中」「将来のごく近いうちのこと」です。

「今日」「自分を基準にしたその日のこと」です。

まとめ

今回は「近日中」「今日」の違いをお伝えしました。

「近日中はごく近いうち」「今日はその日」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典