スポンサーリンク

「追いつけない」と「追いつかない」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「追いつけない」と「追いつかない」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「追いつけない」「追いつかない」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

それでは「追いつけない」から取り上げます。

スポンサーリンク

「追いつけない」とは?

最初に「追いつけない」の意味をご説明致します。

「追いつけない」とは、基本的に能力や性能が違いすぎるために、無理なことを指しております。

もっと分かりやすくいいますと、不可能なのです。

「追いつかない」とは?

次に「追いつかない」の意味を解説していきます。

「追いつかない」の場合は、これは「追いつけない」とは、殆ど同じことを指しております。

しかし、こちらの言葉は、否定する意味合いが強いのです。

「追いつけない」と「追いつかない」の違いとは?

ここでは「追いつけない」「追いつかない」の違いを取り上げてみましょう。

「追いつけない」「追いつかない」が持っている意味は、能力や性能などが格段に差があるために、無理なことを指しております。

不可能や否定を表しているのです。

したがって違いとしては、使うシーンによって、表現が変わる部分が、これらの言葉の最大の違いになるでしょう。

「追いつけない」と「追いつかない」の使い方の違い

この項目においては、「追いつけない」「追いつかない」の使い方の違いを説明します。

「追いつけない」を使う場合は、各段の差などがあり、不可能と判断できる時に使います。

「追いつかない」を使うときは、意味としては殆ど同じですが、こちらは否定するときに使うことが多いのです。

それぞれの使い方を書いていきます。

前者の使い方

「零戦ではF8Fベアキャットに、追いつけない」

「相手が仕事速すぎて、追いつけないです」

後者の使い方

「収入に対して、支出が追いつかない」

「忙しすぎて、追いつかないこともあるだろう」

「追いつけない」を使った例文

ここでは「追いつけない」を使った例文を書いていきます。

・『追いつけないときは、一旦、深呼吸して落ち着いてみましょう』

・『フェラーリには、ポルシェは追いつけない』

・『いくら速くても、テクニックに差があれば、追いつけないものなのだ』

・『追いつけないことは、レーサーにとっては悔しいものだ』

・『追っかけても、追っかけても、追いつけない』

「追いつかない」を使った例文

最後の項目においては、「追いつかない」を使った例文を書きます。

・『敵との距離がありすぎて、追いつかないです』

・『生活が追いつかないので、妻がパートに出ています』

・『追いつかない場合は、追いつかない原因を探ってみよう』

・『追いつかないと、必然的に焦ってしまいます』

・『追いつかないときは、潔く諦めることも必要なのかもしれないな』

まとめ

まとめとして、「追いつけない」「追いつけない」は、比較対象と各段の能力や性能の差がありすぎて、不可能なことです。

または、最初から無理なことや否定となります。

これらの表現において、意味は一緒ですが、使うタイミングと場面によって、表し方が異なるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典