スポンサーリンク

「追悼」と「哀悼」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「追悼」と「哀悼」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「追悼」「哀悼」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「追悼」とは?

「追悼」とは故人を惜しむ行為そのものです。

その為、「追悼の意」という言葉はふさわしくなく、何故なら、「追悼」は個人を惜しみ悲しむ様子を指すので悲しみを表す意味合いですと表現するのは望ましくなく、特にお葬式などで「追悼の意」と表明する行為は悲しんでいますよというアピールになるためふさわしくないのです。

この場合、アピールの必要性がない部分を強調するため「追悼の意」は日本語として成立させてはいけません。

「追悼」の使い方

「追悼」は個人を悲しむ行為を指しますので自ら「追悼」と申し出るのはふさわしくないです。

この場合、第三者が様子を見て「追悼」とするか「追悼」の儀式と記載することで間接的に悲しむ場であると表明するのが正しく、自分から「追悼」をするとするのはふさわしい表現ではないです。

「追悼」はあくまで第3者から見て悲しみを表すための言葉として機能していることが条件で別に悲しみを表す必要性はないということです。

「哀悼」とは?

「哀悼」は個人的になくなった方に対して悲しみを表現する際に用いる言葉で個人的に悲しむという行為を指します。

個人的に悲しむことを指すため、「哀悼の意」とする言葉は個人的になくなったことが悲しいとする意味になるため「哀悼」「哀悼の意」とすることができ、「追悼」「追悼」の意図することはできないのです。

「哀悼」の使い方

「哀悼」の使い方は個人が亡くなった方に対して悲しみを伝えるために用います。

この言葉は、自分から「哀悼の意」とすることで意向を持っているとすることができます。

一方で「追悼の意」とすることができないのは、個人のように悲しみを表現することではなく、あくまで悲しんでいる様子であるとするため意向を持たない方もいるためふさわしくない言葉なのです。

「追悼」と「哀悼」の違い

「追悼」「哀悼」の違いですが、個人的に悲しむ様子であるか悲しんでいるふりをしているかどうかです。

「追悼」は別に個人的に悲しむ様子を示す必要性はなく、言ってしまえば悲しんでいる様子だけを示せばそれでよしです。

一方「哀悼」は悲しんでいる様子が伝わることが重要で言葉の使い方においては悲しんでいる意向を示すとした場合、本当は悲しんでいないのではないかとされた場合、「哀悼の意」は成立しないです。

この場合、「追悼」と同じ意味になり形式的に悲しんでいるふりをしているだけと周囲は認識します。

その為「哀悼」という言葉は使用した人物が信頼に足りる人物であるかどうかによっては、「追悼」と同じ意味合いの言葉へと変化するのです。

まとめ

「追悼」「哀悼」の違いですが、個人的に悲しみを表現しているかどうかで「追悼」はあくまで故人の死を悲しんでいる様子を指し、別に悲しんでいるかどうかは未知数です。

反面、「哀悼」は悲しんでいる様子がなければ成立せず、「哀悼の意」という言葉はあるが「追悼の意」という言葉がない は「哀悼」は必ず故人の死に対して悲しんでいる必要があります。

その為、「哀悼の意」を述べると代表が示しても、説得力がない様子、例えば故人に対して別に敬意を払ってないなどの他、形だけ繕って死者を送り出そうとするなど周囲が代表に対して不信感を持った場合、「哀悼」という言葉は成立しなくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典