スポンサーリンク

「退職勧奨」と「希望退職」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「退職勧奨」と「希望退職」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「退職勧奨」「希望退職」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「退職勧奨」とは?

「退職勧奨」は企業側から無理強いをすることなく対象となる物と直接交渉して会社を自主退職してもらうことを指します。

何故、このようなことを言い出すかですが、追い出したい社員が存在する場合、退職を募ることを伝えることができるためです。

つまり、対象者側は、自分は会社に望まれていないことを会社側から告げられたというニュアンスになるのがこの「退職勧奨」になり、企業側は、相手に対してプレッシャーをかけることができます。

「希望退職」とは?

「希望退職」は、働く従業員側が会社に対して自ら会社を辞めることを告げることです。

「希望退職」が実行されるのには理由があり、一つは会社がすでに魅力の無い場所であり、退職金を少なからず貰って転職をするなどの方法が通用する場合、「希望退職」を望む人物が増えます。

他にも、会社自体に嫌気がさし、本当に自ら辞めた方が得だと感じた場合も「希望退職」が実行されます。

「退職勧奨」と「希望退職」の違い

「退職勧奨」「希望退職」の違いは、会社を辞めるということを言い出す側が異なります。

「退職勧奨」は会社側が対象者に言い出すことでプレッシャーを与えますが、「希望退職」側は、会社側がプレッシャーを受けることでもあります。

その為、両者の違いは辞めると言い出す側です。

「退職勧奨」の例文

・『退職勧奨を受けた』
この例は、会社側から会社を辞めてほしいとプレッシャーをかけられたという例です。

「退職勧奨」は会社側が告げることであり強制ではないですが半場強制化にあり、プレッシャーをかけられています。

「希望退職」の例文

・『企業に成長が見込めないので希望退職を出した』
この例は、働いている企業に成長という見込みがないが故、自ら退職を望んで退職願いを出した例です。

「希望退職」は自らが望んで会社を辞めることであるため、この例においては、プレッシャーを受けるのは会社側になります。

まとめ

「退職勧奨」「希望退職」の違いは、プレッシャーを受ける側が異なるという点です。

「退職勧奨」は企業側が退職をしてほしい人物に対して自主退職を望むことを伝えることにあり、これは実質、働く者にプレッシャーを掛けます。

でも、「希望退職」は自ら進んで会社を辞めるのでプレッシャーを企業は感じないと思われるでしょうが、違います。

実は、企業側は、「連鎖希望退職」を恐れており、連鎖的に退職者が増えれば、会社が回らなくなる恐怖と戦うため、実のところ案外とプレッシャーを感じています。

特に、成長性が見いだせないと判断した社員が大勢発生した場合、「連鎖希望退職」が生まれ企業が成り立たなくなるため、企業側も実は、「希望退職」が増えれば退職金を払う必要性と、従業員の確保に追われるため、無事に済む問題ではなく、案外と「希望退職」に怯えているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典