スポンサーリンク

「退職金」と「退職年金」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「退職金」と「退職年金」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

定年やその他の理由で、勤めている企業を退職しなければいけないことがあります。

この時に支払われるのが、「退職金」や、「退職年金」です。

この記事では、「退職金」「退職年金」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「退職金」とは?

「退職金」とは、退職する労働者に対して、一括で支払われる金銭のことを言います。

一般的には一括で支払われることが多いですが、必ずしもその通りではないようです。

また、必ずしも「退職金」が支払われるわけではありません。

企業によっては「退職金」の制度が無い場合もあります。

また、「退職金」の制度があったとしても、必要条件(例えば3年以上勤務した者)が設定されていることもあります。

企業に就職するとき、「退職金」が気になる場合は事前に確認しておいた方が良いでしょう。

また、「退職金」の支給金額も、企業によって異なります。

一般的には長く勤務した方が、「退職金」はより多くなりますが、他の企業に比べても、そうだとは一概には言えません。

ある企業に定年まで勤めるつもりで入社したとしても、何らかの都合で退職しなければいけないこともあります。

なので、やはり就職するときは、あらかじめ、退職した時のことも考え、その企業の「退職金」の制度も確認しておくことをお勧めします。

「退職年金」とは?

「退職年金」とは、企業を退職した労働者や、その遺族が、分割して受け取る「企業年金」のことを言います。

「退職年金」は分割支払いが一般的ですが、一括払いでも可能です。

どちらの方法でもらうかは、定年退職後のライフスタイルに合わせて選択すると良いかもしれません。

また、税金もかかってくるので、その点も十分に考慮した上で、選んでいきたいものです。

「退職金」と「退職年金」の違い

「退職金」「退職年金」の違いを、分かりやすく解説します。

「退職金」は、企業を退職した時に支払われる金銭で、一般的には一括払いが多いようです。

それに対し、「退職年金」は、定年退職などで退職した時に、支払われる金銭で、分割払いがほとんどです。

「退職年金」は支給年齢がありますが、「退職金」は若い人でも、勤めていた企業の「退職金」の制度の条件をクリアしていればもらうことができます。

また、それぞれの支払われる金額は、企業によっても異なります。

勤続年数や年齢、給与額、または役職などによって、「退職金」や、「退職年金」などが決められているところも多いようです。

まとめ

一昔前に比べると、定年退職年齢が引き上げられています。

そのため、定年退職する歳が遅くなり、その分、「退職金」や、「退職年金」にも影響しています。

学校を卒業してから、定年になるまで、ずっと一つの企業に勤め続ける人もいます。

しかし、何らかの事情により、途中で退職しなければいけないこともあります。

いずれにしても、「退職金」は、企業によっても支払いの有無があり、またその支払われる条件や金額も違ってきます。

なので、やはり企業を選ぶ時には、事前に「退職金」や、「退職年金」に関しても、調べておいた方が良いかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典