スポンサーリンク

「逃走を図る」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「逃走を図る」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「逃走を図る」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「逃走を図る」とは?意味

「逃走を図る」とは、逃げる事を企てるという意味を持ちます。

「逃走を図る」の概要

「逃走を図る」とは、「とうそうをはかる」と読みます。

「逃走」とは、逃げ去るという意味を持つ言葉で、「図る」とは、企てる、考え工夫する、努力する、実現を目指すなどの意味を持つ言葉です。

この事から「逃走を図る」は逃げる事を企てるという意味を持ちます。

「図る」という言葉は、企てたりして実現する事を目指すという意味になりますので、逃げる事について成功したかどうかについては関係ありません。

失敗した場合でも逃げる事を考えていた事には変わりはなく「逃走を図った」と言えるのです。

「逃走を図る」の言葉の使い方や使われ方

「逃走を図る」は、逃げる事を企てるという意味を持ちます。

一般的に犯罪者や何かの罪の疑いをかけられて拘束されている人物が、制止を振り切ったりして逃げようとする際に使用される言葉です。

「図る」という言葉が意味しているように、企てて実行に移そうとしている事を示す言葉であり、その行為が成功したか失敗したかについては問われません。

逃げる事を企てる事や、考えたりした時点で「逃走を図ろうとしている」と言えるでしょう。

「逃走を図る」は犯罪者や罪人だけではなく、何等かの理由で捕まっていたり、監禁されていた場合に、逃げる事を企てる場合に対しても使われます。

前記したように、この行動についての成否は問われる事はなく、逃げ出す事に成功した場合でも、失敗した場合でも「逃走を図った」と言えるでしょう。

「逃走を図る」を使った例文(使用例)

・『地下鉄の車内で痴漢行為していた男性を取り押さえたが、男性は逃走を図り逃げられてしまった』
・『パトカーの車内で事情聴取を受けていた男が、警察官のスキをついて逃走を図ったが警察官の機転により阻止された』
・『彼女は数年に渡り監禁されていたが、逃走を図り近隣の住宅に助けを求め駆け込んだ』
・『両親から過度な拘束を受けて嫌気がさしていた私は、ついに友人の助けを借りて逃走を図る事にした』
・『この犯人は2度に渡って逃走を図っており、極めて厳重に移送された』

まとめ

「逃走を図る」とは、逃げる事を企てるという意味を持ちます。

一般的にはなんらかの理由によって拘束されていたり、捕まっている場合にその場から逃げる事を企てた際に使用される言葉になっています。

この際にその行動が成功したかどうかについては問われる事はありません。

逃げる事を企てたり、実行しようとしたり、実現しようとしたりする事について「逃走を図る」と使用されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典