スポンサーリンク

「#逃走系エモ」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「#逃走系エモ」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「#逃走系エモ」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「#逃走系エモ」とは?意味

DEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカ)さんが出す新曲の「Runaway」が、二つのドラマの挿入歌・主題歌として選ばれました。

「#逃走系エモ」とは、DEAN FUJIOKAさん自身がその「Runaway」のジャンルや魅力を一言で言い表した時の、Twitterのタグのような言葉です。

「#逃走系エモ」には、「逃げ場の乏しくなった現代社会の負のオーラや苦痛な側面から思い切って逃げ出すことが、自分を守る有効な選択につながる」といった意味が込められています。

「#逃走系エモ」とは、「自分や未来のために思い切ってどうしようもならないことから逃走するような疾走感を感じられる音楽、疾走感で心が強く揺さぶられる系統の音楽」を示唆している言葉なのです。

「#逃走系エモ」の概要

「#逃走系エモ」は比嘉愛未主演のドラマ「推しの王子様」の挿入歌、動画配信サービスFODで配信される瀬戸利樹主演のスピンオフドラマ「ぼくの推しは王子様」の主題歌に選ばれた「Runaway」につけられたタグです。

新曲の「Runaway」を歌う俳優・歌手のDEAN FUJIOKA自身が考案したタグのような言葉が「#逃走系エモ」なのです。

「#逃走系エモ」「逃走系」「現代社会の闇・苦痛の部分から逃げる疾走感」「エモ」「エモいなどで使われる心が何かに揺さぶられる感覚」を示唆しています。

「#逃走系エモ」の言葉の使い方や使われ方

「#逃走系エモ」はDEAN FUJIOKAさんが新曲「Runaway」の特徴や世界観をワンフレーズで切り取って表現した言葉であるため、まだ一般的な言葉として使われているわけではありません。

「#逃走系エモ」の使い方としては、「現代社会のダークな部分や耐えがたい苦しみから逃走するような疾走感で心が揺さぶられる系統の音楽・そういった心の激しい動き」といった意味合いで使うことができます。

例えば、「Runawayに近い感じがある#逃走系エモに分類されるような音楽を探しています」などの文章で使うことができるでしょう。

「#逃走系エモ」を使った例文(使用例)

・『DEAN FUJIOKAが提唱した#逃走系エモは、ただ嫌なことから逃げるのではなく、明日のために逃げる生き方を指し示しています。』

・『#逃走系エモという新しい音楽ジャンルが生まれるかは分かりませんが、前向きな逃走の疾走感を感じるグルーヴは新しさを感じます。』

・『ドラマ主題歌となっているRunawayにつけられた#逃走系エモのワードには、耐え難い苦痛から逃げながらも希望を見出すといった世界観が投影されているようです。』

まとめ

「#逃走系エモ」というTwitterのハッシュタグのような言葉の意味や使い方について説明しましたが、いかがでしたか。

「#逃走系エモ」というのは、DEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカ)が自身の新曲「Runaway」につけたタグで、「閉塞感のある現代社会から時には逃げる必要もあることやその疾走感によって心が動かされる音楽」を示唆しているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典