スポンサーリンク

「逆あおり運転」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「逆あおり運転」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「逆あおり運転」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「逆あおり運転」の意味

わざとノロノロ運転したり、急ブレーキをかけたりする行為

「逆あおり運転」の解説

「逆あおり運転」は、「走行する車の前方に割り込んで、わざとノロノロ運転したり、急ブレーキをかけたりする危険運転のこと」という意味です。

少し前に「あおり運転」が社会問題になりましたが、こちらは「後ろにピッタリとくっ付いて来たり、横に並んで幅寄せするなどの危険運転のこと」です。

後ろからあおるのではなく、前でノロノロ運転して道をふさぎ、追い越されると後方から「あおり運転」をするという悪質な行為です。

「逆あおり運転」の使われ方

「逆あおり運転」は、車の前で明らかに故意であると分かる様に「ノロノロ運転」をしているドライバーに使われます。

最近では動画サイトに投稿されることも多く、「あおり運転」が厳罰化されたこともあり、「逆あおり運転」「危険運転」と見なされ、警察に通報することが推奨されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典