スポンサーリンク

「途端」と「瞬間」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「途端」と「瞬間」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「途端」「瞬間」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

それでは「途端」の意味から見てみましょう。

スポンサーリンク

「途端」とは?

最初に「途端」の意味をご説明致します。

「途端」(とたん)の場合は、対象になることが行われた、一瞬を指します。

また、直後のことを表現する際にも使われます。

「瞬間」とは?

次に「瞬間」の意味を解説していきます。

「瞬間」(しゅんかん)の方は、非常に短い時間を表しております。

他の表現としては、「瞬く間に」「一瞬のうちに」などがあります。

「途端」と「瞬間」の違いとは?

ここでは「途端」「瞬間」の違いを取り上げてみましょう。

「途端」の方は、対象になることが行われた際の、瞬間を表しているのです。

また、終わって間もないときなども指しております。

「瞬間」の場合は、短い時間を表しております。

その他に、「一瞬」「瞬く間」などの表し方になることもあります。

「途端」と「瞬間」の使い方の違い

この項目においては、「途端」「瞬間」の使い方の違いを説明します。

「途端」を使うときは、あることが行われた瞬間や、終わってすぐあとのことを指すときに使います。

「瞬間」を使う場合、非常に短い時間を指すときや、一瞬の出来事などについて、使えます。

それぞれの使い方を見てみましょう。

前者の使い方
「気を抜いた途端、皿を床に落としてしまった」
「激辛ラーメンを食べた途端、耐えられずに水を一気飲みしました」
後者の使い方
「彼が来た瞬間に胸がドキドキする。恋をしているのかもしれない」
「ドラムの音を聴く瞬間が幸せだ」

「途端」を使った例文

ここでは「途端」を使った例文を書いていきます。

・『お金持ちになった途端、態度が大きくなってしまいした。彼には幻滅し、悲しくなった』
・『パソコンを購入した途端、スマホには興味が全くなくなってしまいました』
・『サプリメントを飲んだ途端、お腹が痛くなってきてしまいました』
・『彼は仕事になると途端に、仕事人間になる』
・『3日間、何も食べていませんでした。そこで先ほど食事をした途端に、力が沸いてきました』

「瞬間」を使った例文

最後の項目においては、「瞬間」を使った例文を書きます。

・『彼女を見た瞬間、一目惚れをしてしまった自分がいました』
・『瞬間接着剤を使い、壊れていた部分を修理しました』
・『フェラーリを見た瞬間に、アドレナリンが脳内で暴れているのが分かりました。やっぱりカッコイイ車は、いいものです』
・『戦後70年以上が経過しましたが、敵機を撃墜した瞬間を忘れることはできません』
・『犯人が犯した罪の、決定的瞬間を捉えた映像があります』

まとめ

まとめとして「途端」とは、対象になる事柄が行われた瞬間を表しております。

また、そのことが行われた、すぐあとのことを指すときにも使われるのです。

そして「瞬間」とは、非常に短い時間を指しております。

他には、「瞬く間」「一瞬」ということも、表す言葉となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典