「週末」と「休肝日」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「週末」と「休肝日」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「週末」「休肝日」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「週末」とは?

「週末」の意味と使い方について紹介します。

「週末」の意味

「週末」「しゅうまつ」と読みます。

意味は「1週間の終わりころ、金曜日の仕事が終わる頃から土日の休日にかけての期間」です。

「週末」の使い方

「週末」は、1週間の終わりに当たる数日のことを言います。

はっきりとした定義はなく、だいたい仕事で1週間の終わりにあたる金曜日から始まり、土日の休日までの期間を言います。

仕事により「週末」の感覚は変わり、「土日のみ」の人もいれば、「日曜日のみ」の人もいます。

「週末」は、自分の趣味を楽しんだり、休養を取ったり、旅行に出かけるなどしてリフレッシュする為に使われる日です。

「休肝日」とは?

「休肝日」の意味と使い方について紹介します。

「休肝日」の意味

「休肝日」「きゅうかんび」と読みます。

意味は「肝臓を休ませる為に、お酒を飲まずに過ごす日のこと」です。

「休肝日」の使い方

「休肝日」は、肝臓を休ませる為に、お酒を飲まずに過ごす日のことを言います。

お酒が好きな人が使う言葉で、新聞の「休刊日」に対応して使われる様になりました。

お酒を飲むと、アルコールを分解する為に肝臓がフルに働き、大きな負担がかかります。

「肝臓」「沈黙の臓器」と言われていて、悪くなってもすぐに症状が出ずに、命の危険がある「肝炎」「肝硬変」になってから気付くことが多いと言われています。

肝臓を休ませる為に、週に1日~2日、お酒を飲まない日を作ることが奨励されていますが、必ずしも「土日」とは限らず、自分の都合に合わせて設定します。

「週末」と「休肝日」の違い!

「週末」「1週間の終わりころ、金曜日の仕事が終わる頃から土日の休日にかけての期間」です。

「休肝日」「肝臓を休ませる為に、お酒を飲まずに過ごす日のこと」です。

まとめ

今回は「週末」「休肝日」の違いをお伝えしました。

「週末は週の終わり数日」「休肝日は自主的に決める肝臓を休ませる日」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典