「進呈」と「贈呈」の違いとは?分かりやすく解説

スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「進呈」とは?

「進呈」の読み方は、「しんてい」となります。

「進呈」という言葉は、日常生活の中でも耳にする機会が多々あるはずです。

では「進呈」の意味について説明しようとしても、なかなか上手に他の方へ分かりやすく説明するのは難しいため、ここでは意味についてご説明します。

「進呈」とは、人に物を差し上げることをいいます。

また、「進呈」がよく使われる場面として「粗品進呈」といった言い方をすることが多く、軽い気持ちでの受け渡しなど、ちょっとした気持ちを伝える時に差し上げたり、形式ばっていない場面で使われることが多いです。

なので、イメージとして「進呈」とは、少しカジュアルな感覚で認識しておくとよいでしょう。

「贈呈」とは?

「贈呈」の読み方は、「ぞうてい」となります。

「贈呈」という言葉は、何かの式典などで聞いたことがあるでしょうし、今まで何度か耳にしたことがあるはずです。

では、この「贈呈」についてきちんと意味を理解しておくことで、活用の仕方なども把握することができます。

「贈呈」とは、人にものを差し上げることをいいます。

では、どういった場面かというと「感謝状の贈呈」などに用いられる言葉で、どちらかというと晴ればれしい雰囲気で形式ばった場面で人にものを差し上げる時に用いることが多い言葉として「贈呈」を活用します。

なので、「贈呈式」なども聞いたことがある方もいらっしゃるでしょうし、「花束贈呈」など、頑張った経緯や感謝の気持ちを込めて表彰してあげることを表現しています。

人前で「贈呈」する機会は多いです。

「進呈」と「贈呈」の違い

「進呈」「贈呈」の違いについてご説明します。

「進呈」「贈呈」は、共に人にものを差し上げる意味ですが、大きな違いがあるとしたら、気持ち部分に相違があります。

「進呈」に関しては、「粗品進呈」など軽い気持ちやカジュアルな感覚で利用するため、「つまらないものですが」と言いながら品物を渡すなど、目下の人から目上の方に対して使う言葉だと認識しておくと良いでしょう。

「贈呈」に関しては、「花束贈呈」「贈呈式」など聞いたことがあるでしょう。

頑張った方など、感謝の気持ちも含んでいるため、目上の人から目下の方へ使ったり、同格間で使う言葉として用いられることが多いです。

これより「進呈」「贈呈」の違いを把握することができるでしょう。

「進呈」のその他の類語

「進呈」のその他の類語は、「贈呈」「献上」「進上」です。

この言葉について、例文や解釈などご説明するので参考にしてください。

この言葉をスムーズに活用できるようになると、かなり文章がスッキリとまとめることができますし、素敵な表現方法ができるようになります。

「彼女は花束贈呈で呼ばれました」

彼女は花束を差し上げる方として呼ばれましたという解釈です。

彼女は、何か頑張った証として「花束贈呈」へ招待されたことが分かります。

やはり花束を「贈呈」されるとなると、感謝の気持ちなども含まれていますし、敬う心を持って「贈呈」される様子をイメージすることができます。

やはり、このように感謝の意を込めて表現するような機会も多々ありますし、「花束贈呈」などいろんな場面でよく聞く言葉です。

色々と普段の生活の中でこうした用い方をしている「贈呈」など理解しておくことで、今後も上手に活用することができます。

「今上天皇へこの農作物を献上しました」

今上天皇へこの農作物を差し上げましたという解釈です。

自分よりもはるかに身分が上の方として今上天皇へ農作物を差し上げる様子が伝わる表現です。

貴族や今上天皇などへ差し上げる場合には「献上」という使い方を行います。

昔は、農作物など貴重な食料ですし、やはり天候によっては農作物が順調に育たない時期もあり不作だった時などは、まず天皇へ「献上」することが一番という流れがあったことを表現している部分もあります。

こうした農作物を「献上」するなど、かなり身分が高い方へ差し上げる場合に用いる言葉なので理解しておくとよいでしょう。

「素敵な品物を進上することになりました」

素敵な品物を差し上げることになりましたといった解釈です。

素敵な品物をカジュアルな気持ちも込めて「進上」するといった表現で表しています。

「つまらないものですが」と一言つけて「進上」するケースもあり、目下の方から目上の方へ差し上げる場合に活用するような言葉だと認識することができます。

やはり物を差し上げる場合には「進上」するなど、言葉を上手に活用することで、スムーズな表現ができるようになりますし、文章がスマートにまとまるので、活用方法などご自身できちんと認識しておくと良いでしょう。

そうすることで、かなり文章もスッキリまとめることができますし、目上の方に対して失礼になることもないので、「進上」という言葉を用いることで、かなり上手な表現方法だと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典