「進捗状況」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
四文字熟語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「進捗状況」について

仕事や依頼事・役割など人は様々なことを抱えて生活しており、それぞれが次第に進んでいきます。

そしてどの程度進んでいるのかを知るにあたり「進捗状況」という言葉で表現されます。

日常的に使う機会の多い言葉のため、どのような使い方になるか知っておく必要があります。

「進捗状況」の意味とは

「進捗状況」という言葉は物事の進み具合を表す言葉です。

その対象に対してどの程度進行しているかとされ、漢字にもそれぞれ意味を持ちます。

「進」には進むことを意味しており、「捗」にははかどるという意味を持ちます。

そのためこれらが合わさることで「進みはかどる」と解釈され、進み具合と解釈されます。

そして「状況」と続くことでどのような状態になっているかを意味します。

「進捗状況」の言葉の使い方

「進捗状況」は進展がある事象に対して、どの程度進んでいるかを確認する・伝える際に用いられることが多いです。

確認の際は「進捗状況について教えてください」のようにどの程度進んでいるのかを知りたい旨を伝える使い方となります。

また自身で使う際には「進捗状況を報告する」のように相手に現状でその程度進んでいるかを伝える使い方となります。

しかし「進捗状況」という言葉はその言葉に対して答えることが出来る答えとなるs説明が求められます。

そのため相手に使う際はある程度報告できる状態になるまで待つ方が良いです。

「進捗状況」を使った例文

「進捗状況」という言葉は様々な場面で用いられます。

しかし多くはプライベートよりも学校や仕事といった場面となるため適切な使い方が求められます。

どのような使い方になるか、例文とその解釈を紹介します。

「進捗状況」の例文1

「クライアントに『今回のプロジェクトについて、現時点までの進捗状況について報告をお願いします』と伝えた」

この場合、クライアントに対してプロジェクトの経過報告を促しています。

どの程度進んでいるかを現時点までと伝えているため、その内容をまとめたうえでの報告をお願いしています。

「進捗状況」の例文2

「私の課題の進捗状況は問題ないよ。予定通り進んでいると思う」

ここでは相手に対して自身の課題の進み具合を伝えています。

元々の予定通りに進んでいることから「進捗状況」は良い意味で使われています。

「進捗状況」の例文3

「友人に『親がテストの度に勉強の進捗状況をいつも聞いてくるけど、本当にストレスだよ』と愚痴をこぼした」

ここでの「進捗状況」はテスト勉強について使われています。

「テストの度」ということから過去のテストにおいて親からテスト勉強が進んでいるかを聞かれることにストレスを感じていると伝えています。

「進捗状況」の英語と解釈

「進捗状況」という言葉は英語では「進捗」「状況」のそれぞれに分けて表現されます。

「進捗」は進展・進歩・発展といった意味を持つ“progress”と表現されます。

そして助教を表す“state”が合わさるため“state of progress”と表現されます。

また過去と比較した時の今の状況という意味合いでは“progress”「現在」を表す“current”と入れ替わって表現されます。

「進捗状況」の類語や類義表現

「進捗状況」という言葉は様々な場面で用いられています。

その全てに「進捗状況」という言葉が使われるわけではなく、類語・類義表現を用いることもあります。

しかし意味合い・ニュアンスは異なる言葉もあるため、適切な使い分けができるように例を紹介します。

「進み具合」

「進み具合」「進捗状況」と同様に物事がどの程度進展しているかを意味します。

「具合」には事の運ぶ調子やその状態についてといった意味を持ちます。

それに「進み」が続くため、どのように物事が進んでいるかという意味となり、類語とされています。

「進行度合い」

「進行」は物事が動いて進んでいくことを意味しています。

それに物事における程度を表す「度合い」が合わさることで「どの程度進んでいるのか」という意味を持ちます。

しかし対象が進むことが前提となり、類語とされています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
四文字熟語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典