スポンサーリンク

「運命」と「天命」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「運命」と「天命」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「運命」「天命」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「運命」とは?

「運命」とは、超自然的な力によって、人の上に訪れるめぐり合わせ、定められた運、今後の成り行き、将来といった複数の意味がある言葉です。

例えば何か悪い物事が起こった時など、なぐさめる言葉として「こうなる運命だったんだ」「運命と思って諦めよう」などと言います。

また先のことがわからない時は「二人の運命はどうなるの」「この先の運命は、彼の頑張りにかかっている」という風に使います。

「天命」とは?

「天命」とは、生まれた時から決まっている「運命」、天からの命令、使命、といった意味があります。

また寿命という意味でも使います。

「この仕事をすることは私の天命だと思う」「天命には誰も逆らえない」などと、使います。

「運命」と「天命」の違い!

「運命」「天命」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉は生まれた時から定まっている運という意味が同じです。

ですが、それ以外の意味が違いますので、使い分けができるようになりましょう。

「運命」とは、人の上に訪れるめぐり合わせ、今後の成り行き、将来といった意味があります。

超自然的な力によって支配されていますので、人が意図的にコントロールできないといったことに使います。

一方「天命」とは、天から授けられた寿命、天の命令、天から与えられた使命といったように、神、仏といった大きな存在を感じさせます。

「運命」よりも「天命」の方がより大きな力による支配といった印象が強くなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「運命」「天命」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

同じ意味もありますが、それぞれ違う意味を持っていますので、言葉の意味を正しく理解して使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典