「運命のイタズラ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「運命のイタズラ」とは?意味

「運命のイタズラ」には、「人知の及ばないものに、もてあそばれているかのような、奇妙な巡り合わせ」という意味があります。

「運命のイタズラ」の読み方

「運命のイタズラ」の読み方は、「うんめいのいたずら」になります。

「運命のイタズラ」の表現の使い方

「運命のイタズラ」の表現の使い方を紹介します。

「運命のイタズラ」には、「人知の及ばないものに、もてあそばれているかのような、奇妙な巡り合わせ」という意味があります。

そこで、このような奇妙な巡り合わせだと感じた時に、「運命のイタズラ」という言葉を使ってみましょう。

例えば、ある30代の男性が新しいマンションに引っ越して来たら、隣の住人が、高校時代に付き合っていた彼女の家だったとしたら人知の及ばない物に、もてあそばれているかのような、奇妙な巡り合わせを感じるかもしれません。

このような時、「元カノの隣に引っ越してくるとは、運命のイタズラか」などと、「運命のイタズラ」という言葉を使えます。

「運命のイタズラ」を使った例文や短文など

「運命のイタズラ」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「運命のイタズラ」を使った例文1

「入社した会社に、自分と同姓同名の社員が二人いるとは、『運命のイタズラ』かもしれない」

この例文は、入社した会社に同姓同名の社員が二人もいたため、奇妙な巡り合わせを感じたという文章になります。

下の名前ならまだしも、同姓同名で、しかも二人というのは、奇妙と言わざるをえません。

「運命のイタズラ」を使った例文2

「好きになった男性が、実は血の繋がった兄とは、『運命のイタズラ』か」

この例文のような設定の、少女マンガを読んだことがあるかもしれません。

まさに人知を超えた存在が、二人をもてあそんでいるような奇妙な巡り合わせのため、「運命のイタズラ」と言えるでしょう。

「運命のイタズラ」の類語や類義語・言い換え

「運命のイタズラ」の類語や類似を紹介します。

「運命的」【うんめいてき】

「運命的」には、「運命として決まっている様子」という意味があります。

「運命的な出会い」には、「運命として、はるか昔から出会うことが決まっていたような出会い」という意味があります。

「宿命的」【しゅくめいてき】

「宿命的」には、「もともとそう定まっていて、それを変えるのは不可能なように、思われる様子」という意味があります。

「私がこの会社に入るのは、宿命的だった」などという使い方をします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典