スポンサーリンク

「運河」と「普通の川」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「運河」と「普通の川」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「運河」「普通の川」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「運河」とは?

「運河(うんが)」とは、「人間が物資の運搬・移動の早さ・貿易の利便のためにつくった人工的な水路」を意味しています。

「運河」というのは「大規模な土木工事によって複数の海・川・湖などをつなげて人工的に水路にしたもの」を意味していて、有名な運河として「パナマ運河・スエズ運河・小樽運河」などがあります。

「普通の川」とは?

「普通の川(ふつうのかわ)」とは、「地形・雨水・湧水(地下水)・土砂の浸食などの自然現象によってつくられた水の流れ」のことです。

「普通の川」というのは、「人工的な土木工事でつくられたものではなく、重力に従って高い所から低い所へと流れる一定の幅がある水の流れ」のことを意味しているのです。

「運河」と「普通の川」の違い!

「運河」「普通の川」の違いを、分かりやすく解説します。

「運河」「普通の川」はどちらも「水が流れている場所」を意味していますが、「運河」とは「人間が物資の運搬・移動や貿易の利便のためにつくった人工的な水路」を意味しています。

「運河」に対して「普通の川」というのは、「人間が人工的な土木工事でつくったのではなく、地形・雨・湧水・土砂の堆積などの自然現象によってつくられた一定の幅がある水の流れ」を意味している違いを指摘できます。

まとめ

「運河」「普通の川」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「運河」とは「人間によってつくられた人工の水路」を意味していて、「普通の川」「自然によってつくられた一定の幅・水量がある水の流れ」を意味している違いがあります。

「運河」「普通の川」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典