スポンサーリンク

「運輸」と「配送」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「運輸」と「配送」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネットショッピングや物流システムの発達で、私たちは世界中からものを買ったり、送ったりできるようになりました。

物流に関する言葉はたくさんありますが、「運輸」「配送」の違いを知っていますか。

物流に関する言葉はどれも似ており混同しがちです。

この二つの言葉の違いや使い分けを深掘りしていけば、現在の物流世界が垣間見えるかもしれません。

この記事では、「運輸」「配送」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「運輸」とは?

「うんゆ」と読みます。

旅客や貨物を運び送ることです。

ふつう、鉄道・自動車・船舶・航空機によって運ぶことを総合していいます。

似た言葉に、輸送、運送、移送、トランスポート、搬送、運搬があります。

「運輸」の使い方

「運輸」が使用される代表的な例文をみてみましょう。

・『彼は長年「運輸」業で働いてきたベテランの運転手です』
・『「運輸」省とは、国の行政機関のことで、陸・水・空の交通「運輸」、船舶、船員、港湾、観光、海上保安、気象に関する行政事務を担当します』 ・『人手不足を背景に、商業流通や交通「運輸」の賃上げ率の伸び幅が大きくなっています』
・『「運輸」行政は、人々の生活を円滑に進める上で、経済活動の要といえます』

「配送」とは?

「はいそう」と読みます。

荷物を配達して届けることです。

また、配達と発送の業務をいいます。

物流業界での末端を担い、軽トラックや自動車で短い距離や個人宅、事務所などに小口の荷物を届ける場合によく使われます。

最も身近な物流用語と言えます。

「配送」の使い方

「配送」が使用される代表的な例文をみてみましょう。

・『初夏はお中元の「配送」で忙しくしています』
・『彼が、DMの「配送」係です』
・『お客様のお荷物は、明日、「配送」されます』
・『荷物がこないので、「配送」センターに問い合わせの電話を入れました』
・『あのスーパーで買い物すれば、自宅への「配送」サービスを利用できます』
・『「配送」料は、事前に調べておくことをお勧めします』
・『ご希望の「配送」日を指定してください』
・『「配送」状況をスマートフォンでいつでも確認できるので便利です』

「運輸」と「配送」の違い

それでは「運輸」「配送」の違いを、改めて整理してみましょう。

いずれも「荷物を運ぶ」という意味は同じです。

しかし「運輸」は旅客や貨物などを使い、大量に大型の荷物を運べるのに比べて、「配送」は主に個人宅や事務所などに、車やバイクなどで運ぶことをいいます。

使い分けるときは、「何で運ぶのか」「何を運ぶのか」「大型がどうか」を考えましょう。

大型の輸送手段及び荷物は「運輸」、小型の場合は「配送」を使うのが自然です。

まとめ

この記事では「運輸」「配送」の違いをみてきました。

どちらも「モノを運ぶ物流用語」として大切な言葉ですが、「大型か小型か」「何に対して使うか」という違いがあります。

意味を正しく理解して間違えないようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典