スポンサーリンク

「過去の栄光にすがる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「過去の栄光にすがる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、過去の栄光にすがるの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

過去の栄光にすがるとは?意味

過去の栄光にすがるとは、過去の栄光が忘れられず、いつまでもそのことにしがみついているという意味があります。

過去に一番注文されていた時期や、輝いていた頃にいつまでもすがっていて前向きに進めない状態と表す言葉です。

過去の栄光にすがるの概要

過去の栄光にすがるは、過去に優れた実績を残した時、周囲から喝采を浴びたことが忘れられず、その時の光景を思い浮かべていつまでも前に進めない状態を指します。

スポットライト症候群とも呼ばれるほど、人生の中で一番キラキラ輝いていたその時の自分の姿が忘れられず、またその過去に逆戻りしたいがために、再度その業界にカムバックする人もいます。

こういった人の特徴には、過去の栄光にすがるあまり、中だるみ状態に陥り、学ぶ努力や効率よく仕事をこなす努力をやめてしまうようになり、現在、未来に目を向けられません。

そのため、新しい物や考え方を受け入れられない頑固さがあるため、人とのコミュニケーションがうまくとれない特徴が見られます。

過去の栄光にすがるの言葉の使い方や使われ方

過去の栄光にすがるの使い方は、新しいことに目を向けず、過去の考え方にすがっている人に「過去の栄光にすがる」と使います。

皮肉る意味でも使うとき、「過去の栄光にいつまでもすがっていてはいけないよ」と注意するときに使うこともあります。

また、中高年社員が中だるみして、前向きに仕事をしないときは「過去の栄光にすがっていても自分が駄目になりますよ」と忠告するときにも使われている言葉です。

自分の力量や実績だけではなく、どのような成果が出たのか、そして成果を出すためには今後、どのように働けばいいかを考えることが大事なのです。

過去の栄光にすがるあまり、現在の生き方を否定してばかりいては今後の人生に支障をきたすと忠告する際は、「過去の栄光は捨てましょう。

そして、これからの人生に目を向けること」
と周りの人が声をかけてあげることで人生に目を向けられる人になります。

過去の栄光にすがるを使った例文(使用例)

過去の栄光にすがるを使った例文をご紹介します。

・社長であった彼は、いつまでも過去の栄光にすがっているため前進できていない。

いつまでも過去の栄光にすがってしまう人は、前進しようとする努力することなく、今の自分を受け入れないところが人から見て付き合いにくい人になっています。

早く現実を受け入れて、前進する努力しなければなりません。

・あなたは過去の栄光にすがっているところが気の毒ですね。

もっと今の自分を受け入れましょう。

あまりにも過去ばかり自慢する人に対して、それでは人から相手にされないと忠告する意味も兼ねて使う例文です。

もっと今の自分のポジションを受け入れて、頑張ってほしいと願いを込めています。

・私は過去の栄光にすがるあまり、なかなか現実に目を向けられないでいる。

この例文は、自分で過去にすがってしまっている状態から脱却したいと思ってはいますが、なかなかその栄光を忘れられないため、現実に目を向けられないと思う気持ちを表しています。

本人もいけないなと思いつつ脚光を浴びず、人から注目されない現実が受け入れられないと分かる例文です。

まとめ

過去の栄光にすがる人は、過去の栄誉と名誉を大事にするのはいいことですが、あまりにも大事にし過ぎてしまうと現状を受け入れられない残念な人になってしまいます。

あれだけ栄光を浴びた過去があるのなら、そのときをバネにして、これからの人生のためにも前進するよう考えましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典