「過去形」と「現在完了形」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「過去形」と「現在完了形」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「過去形」「現在完了形」の違いを分かりやすく説明していきます。

「過去形」とは?

「過去形(かこけい)」とは、「過去のある時点の動作・状態・出来事を表す時に使用する動詞の活用(時制表現)」のことです。

「過去形」「過去のある時点で何かをしたという点のイメージ」の時制で、「現在の時点ではどうなっているのか」については何も意味していません。

「過去形」は規則動詞では「語尾にedをつける活用」、不規則動詞には「goの過去形のwent、eatの過去形のate」などがあります。

「現在完了形」とは?

「現在完了形(げんざいかんりょうけい)」とは、「過去と現在のつながりを表す時に使用する英語の時制表現」のことです。

「現在完了形」「過去から現在までがつながっている線のイメージ」の時制で、「ある行為・状態が現在の時点で完了していること」を意味しています。

「現在完了形」「have+動詞の過去分詞形」で表現でき、「He has gone to the station. 」などの英文で使われます。

「過去形」と「現在完了形」の違い!

「過去形」「現在完了形」の違いを、分かりやすく解説します。

「過去形」「現在完了形」はどちらも英文法の時制表現ですが、「過去形」「過去のある時点における動作・状態」を意味していて、「現在完了形」「過去から現在までのつながり(過去に何かがあって現在はこうなっているというつながり)」を意味している違いがあります。

「過去形」「過去の一点を示す点のイメージ」「現在完了形」「過去と現在のつながりを示す線のイメージ」である違いを指摘できます。

例えば、“she went to America.”の過去形は「彼女はアメリカに行きました(過去のある時点で行ったことがある+現在のことは分からない)」を意味していますが、「She has gone to America. 」の現在完了形になると「彼女はアメリカに行ってしまいました(過去のある時点で行った+現在もアメリカに行った状態で帰ってきていない)」を意味しているというニュアンスの違いを指摘できます。

まとめ

「過去形」「現在完了形」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「過去形」とは「過去のある時点の動作・状態・出来事を示す時に使用する動詞の活用、規則動詞ではedをつける活用」を意味していて、「現在完了形」「過去から現在に至るまでのつながりを示す時に使用する時制表現、have+動詞の過去分詞形で表現する」を意味している違いがあります。

「過去形」「現在完了形」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典