「過失」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「過失」という言葉は、よく耳にする機会も多いのではないでしょうか。

ニュースでも「過失」という言葉を含んだ内容を耳にする機会は多々あります。

この「過失」について意味や例文など、いくつかご紹介するので参考似してください。

「過失」

「過失」という言葉は、ニュースで聞いたことがあるといった方も多いでしょう。

何か事件が起きた場合など用いる言葉として、あまり良いニュースではない、表現ではないことを感じることができるはずです。

意味をきちんと理解しておくことで、文章を作成する場合に適切な「過失」の使い方ができるようになります2. 「過失」の意味「過失」とは、過ちを犯してしまうこと・不注意や怠慢などにより犯してしまった失敗などを意味しています。

また、不注意の程度によって重過失・軽過失などに分けられるケースもあります。

自分で予測ができる行為の結果があったにも関わらず、結果の回避を怠ったてしまった結果「過失」になったなど、やはり自分が怠ってしまったことに大きな意味をなしています。

「過失」の言葉の使い方

「過失」という言葉の意味をきちんと理解した上で活用するようにすると、文章の表現力もアップすることができます。

語彙力が幅広くなり、文章を書く時にも苦労せず「過失」を上手に活用していくと良いでしょう。

例文をいくつかご紹介するので参考にしてください。

「過失」を使った例文・短文(解釈)

「過失」を使った例文と解釈を紹介します。

「過失」の例文1

「過失などをしたとき母からよくそう言われた」

こちらの例文は、梶井基次郎さんの「泥濘」の一文です。

この「過失」の意味は、不注意からの失敗を表現しているので、主人公は母から不注意で失敗した時には、例文で用いられている表現から、よく言われていた様子が分かります。

やはり自分でカバーすることができず、怠ってしまったことで過ちを起こした場合に母親から言われていた様子が伝わってくるはずです。

「過失」の例文2

「過失だから仕方がないわ、と笑って済ましておしまいなすったではありませんか」

この例文は、幸田露伴さんお「太郎坊」
の一文になります。

この「過失」の意味は、不注意からの失敗してしまったので仕方ないといった開き直りを表現しています。

笑って済ませようとしたことを取り上げている文章表現になります。

自分で過ちを犯すことを理解していたのに怠ってしまった意味も込められています。

「過失」の例文3

「自分に過失はなかったかのように振る舞った」

自分でこのままだったら過ちをおこしてしまうだろうなぁと分かっていたにも関わらず、やはり過ちを起こしてしまい、内心はやってしまった!と思っているかもしれないけれど、そのまま何事もなかったかのような振る舞いで過ごしている様子が分かるはずです。

こうした「過失」の使い方もあります。

「過失」の例文4

「それほどの過失ではないと思っていた」

それほど大きな問題になるとは思っていなかった!といった印象を受けるような「過失」の使い方になります。

不注意でうっかり失敗してしまい、過ちを起こしてしまったけれど、軽く済むだろうと甘くみていた自分が失敗だったといったニュアンスを感じとることができるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典