「過渡期」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「過渡期」とは?

「過渡期」という言葉を、新聞やニュースで目にしたり耳にしたりした経験があるかもしれません。

「過渡期」「かとき」と読み、画数は多いですが読みやすい言葉です。

また「過渡期」を上手に過ごす事が、人生を成功に導くために大切な事だとも言われています。

そこで「過渡期」という言葉の意味や使い方を知り、「過渡期」を上手に過ごせるようになりましょう。

「過渡期」の意味

「過渡期」という言葉には、「古いものから、新しいものへと移り変わる時期」、あるいは「前の状態から、新しい状態へと変化する時期」という意味があります。

例えば固定電話主流の時代から、スマホが主流の時代に移り変わった平成の時代は、電話に関する「過渡期」だったのかもしれません。

また若くて元気な青年時代から、徐々に体が動かなくなる高齢者へと体が移りかわる中年時代は、肉体的な「過渡期」と呼べるかもしれません。

このように「過渡期」には、何かが移り変わる期間という意味があります。

「過渡期」の言葉の使い方

「過渡期」という言葉は、先ほどの電話のように、世の中全体の動きに対して使う事もできますが、個人の人生に対しても使う事ができます。

例えば新卒で入った会社でやるべき事をやり、違うステップに進みたいと思った時は、その人にとっての「過渡期」なのかもしれません。

新しい会社に転職したり、起業するまでの期間を上手に過ごす事が大切になるでしょう。

10代の頃にも、20代の頃にも、さらにもっと年を重ねた後でも、変化の節目を感じるような時期が訪れる事があるかもしれません。

このような時に「過渡期」という言葉を使って、大切な時期だと自覚する事が大切かもしれません。

「過渡期」を使った例文

「過渡期」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「過渡期」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

「過渡期」の例文1

「大きな時代の『過渡期』には、革命家が活躍すると言われている」

日本における「過渡期」はいくつもありますが、幕末から明治維新の時代を思い出す人もいるでしょう。

例文のように、このような「過渡期」には、革命家あるいは英雄と呼ばれるタイプの人が活躍すると言われています。

しかしこのような大きな人物は、得てして「過渡期」を過ぎて次の時代が始まる前に、時代の闇に消えてしまうとも言われています。

高杉晋作、西郷隆盛、坂本竜馬などの英雄が、次の時代で活躍できなかったのは宿命なのかもしれません。

「過渡期」の例文2

「今の日本は超高齢化社会への『過渡期』かもしれない」

この例文のようなニュース解説が行われ、「過渡期」という言葉が登場する事があります。

世界中の国々で小高齢化が進んでいますが、その先頭を走るのが日本だと言われています。

いつかは超高齢化の社会が普通になり、世の中はそれなりに落ち着くと考えられていますが、現在は「過渡期」なのでたくさんの問題が起こっています。

さらにその先の時代は、超高齢化社会から全く新しい時代への「過渡期」が訪れるでしょう。

「過渡期」の例文3

「あなたが現在苦しいのは、人生の『過渡期』にいるからだ」

この例文のように、現在、これまでの人生の中で最も苦しいと感じている人がいるかもしれません。

しかしそれは、新しい場所へ移動するための「過渡期」だからかもしれません。

物件探し、引越し屋探し、役所への手続きなど、実際の引越しの準備が大変なように、人生の次のステップへ移動するのも大変なはずです。

しかしそれは必要な苦しさで、「過渡期」を過ぎた後の人生は、これまでよりも輝いて見えるようになるかもしれません。

変化の時期は苦しいのが当たり前だと思えば、今の苦しい時期を乗り越えられるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典