スポンサーリンク

「道路」と「路上」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「道路」と「路上」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「道路」「路上」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つの違いや使い方を把握して、ご自分で臨機応変に活用してみてください。

スポンサーリンク

「道路」とは?

最初に「道路」の意味をご説明致します。

「道路」の意味としては、自動車や人が通行する道の事を指しております。

基本的に白線等で仕切られている大きな「道路」を想像されると分かりやすいと思います。

是非とも参考にしてみてください。

「路上」とは?

次は「路上」の意味を解説していきます。

「路上」の意味としては、道の上を指しております。

また、道端という意味でも使われます。

また、目的地を向かう途中という意味合いでも使われますので、把握しておいてください。

「道路」と「路上」の違い

ここでは「道路」「路上」の違いを解説していきます。

「道路」「路上」の違いは、上の意味を照らし合わせてみると違いが分かってくるはずです。

「道路」というのは、白線等で仕切られている大きな「道路」を指しております。

また、人や自動車が行き来する道の事を指しているのです。

一方で「路上」というのは、道の上や道端を意味しており、目的地へ行く途中という意味合いでも使われます。

「道路」と「路上」の使い方の違い

このように見てくると自ずと、使い方の違いまで分かってくるはずです。

ここでは「道路」「路上」の使い方の違いを解説します。

前者の場合は、「道路を行き交う自動車を見ている~」という使い方が非常に分かりやすいと思います。

そして、後者の方は「会社行く途中の路上で、祖父とばったり会ったので~」という使い方がイメージしやすいはずです。

「道路」を使った例文

・『道路を走っているトラックが非常に多い』
・『フェラーリが道路を走っている』
・『道路脇を小学生が歩いている』
・『犯人の車を追跡する覆面パトカーと従来のパトカーが、道路を埋め尽くしていた』
・『暴走族が道路でやりたい放題だ』

「路上」を使った例文

・『婦人警官が路上駐車を取り締まっている』
・『路上でライブしている人がいる』
・『この間、路上で知人とお話をした』
・『路上ライブで生計を立てられるほどに成長したそうだ』
・『この間、ペットと思われる子豚が遊んでいた』

まとめ

まとめとなりますが、「道路」というのは白線等で仕切られている大きな「道路」です。

また人や車の行き来が頻繁にあるのが特徴です。

一方で「路上」というのは、道の上や道端を意味しております。

また、目的地へ行く途中という意味合いでも使われますので、把握してご自分で使い分けてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典