「違和感」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「違和感」とは?

日常的な場面でも使う事が多い言葉に「違和感」があります。

「違和感がある」「違和感がない」という言葉は、どのような人でも聞いた事があるでしょう。

また、言葉時代は知っているけれど、正確な意味までは分からないという人も多いのではないでしょうか。

聞き慣れ過ぎている言葉だからこそ、調べずに適当に使い続けてしまう事もあります。

そこで、「違和感」の意味や使い方を紹介します。

「違和感」の意味

「違和感」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「違和感」には、「周囲としっくりこない感じ」という意味があります。

例えば保育園に小学3年生の子供が混ざっていたら、どことなくしっくりこない感じがするのではないでしょうか。

また、20代のメンバーしかいない合コンに40代の人が一人混ざったら、ちぐはぐな感じがするでしょう。

このようなおかしな感じを「違和感」という言葉で説明する事ができます。

また違和感には「体調が悪く、スッキリしない感じ」という意味もあります。

そのような時には、「膝に違和感がある」「腰に違和感がある」などという言い回しをします。

「違和感」の言葉の使い方

「違和感」という言葉を、どのような場面で使えばいいでしょうか。

「違和感」には、「周囲としっくりこない感じ」という意味がありますので、何かの集まりなどに出掛けた時に使ってみましょう。

例えば婚活パーティに出掛けた時に、参加メンバーとしっくりくるケースもあれば、何だかチグハグになってしまう事もあるでしょう。

前者の場合は「違和感がない」、後者の場合は「違和感がある」という言葉で、その時の気持ちを表現する事ができます。

また自分以外の人が、その集団や環境の中で浮いてしまっているケースがありますが、このような場合も「違和感」という言葉を使ってみましょう。

「違和感」を使った例文

「違和感」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における、「違和感」を使った文章を見ると、この言葉の使い方のコツが見えてくるかもしれません。

「違和感」の例文1

「転職先の職場に『違和感』があり、転職した事を少し後悔している」

この例文に登場する転職者のように、転職先の職場に「違和感」を持つ事は少なくありません。

これまで慣れ親しんできた職場のメンバーと離れて、新しいコミュニティに参加するわけですから、それも当然なのかもしれません。

次第に「違和感」が消えて、良い関係を築ける人もいれば、「違和感」を拭い去れず、再び転職活動を始める人もいるかもしれません。

「違和感」の例文2

「初めてのデートなのに、彼と一緒にいる事に『違和感』がまるでない」

この例文に登場する女性は、もしかしたら運命の人をみつけたのかもしれません。

結婚するような相手は、イケメンだったり、お金持ちだったりするよりも、一緒にいてしっくりくる人かどうかが大切になります。

初めてのデートでも、今までずっと一緒にいたように感じられる相手は、理想的な相手と言えるかもしれません。

このまま良い関係を積み上げて行けば、いつかは幸せな家庭を築く事ができるかもしれません。

「違和感」の例文3

「見た目が若い童顔の妻は、娘の友達と一緒にいても『違和感』がない」

普通なら、10代女性の輪の中に、40代や50代の女性が入ったら、どことなく「違和感」を感じます。

しかしこの例文に登場する奥さんのように、見た目が若く世代を超えて馴染んでしまうような人がいます。

見た目だけでなく、考え方や行動も若いため、動作や表情の作り方も10代女性とあまり変わらないのかもしれません。

普通なら「違和感」が出てしまいそうな場所に馴染める人は、どこか特別な人かもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典