スポンサーリンク

「違憲」と「違反」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「違憲」と「違反」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「違憲」「違反」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「違憲」とは?

法律や規則、条例、詔勅および国の行政行為などが、憲法に違反することで、反対の意味の言葉は合憲となっています。

違法行為をしたことは違憲とは言いません。

違憲の判断をするのは裁判所となっており、「違憲判決」がでた場合は違憲であるという訴えが通る判決が出たということになります。

一票の格差の問題など、根本的な解決が難しい問題、または解決したとした場合また他の大きな問題が発生してしまうケースなどでは違憲の状態が長く続いている状態になってしまうこともあります。

違憲そのものとなっている法律を指すだけではなく、この案が通った場合は意見になるといった使い方もあるため、政治の議論を始めとして新聞などでも広く目にする言葉です。

「違反」とは?

約束や契約を破ること、ルールや規則、法律、マナーに反することで、ルール違反、法律違反など違反の前に何に違反したかをつけるケースもあります。

交通ルールなど法律で定められた違反だけではなく社内規定・規則、校則など比較的狭い範囲での違反もあります。

規則やルールの違反に対してはペナルティ・処罰を行うことで違反への戒めとしています。

マナー違反に関しては注意する程度に留めることが一般的です。

スポーツ用具などでは規定の飛距離や反発率などが決められており、ゴルフクラブは他のスポーツと比べると違反ドライバーなどがわかりやすく普及しています。

(競技会などでは使えないものの私的に使うことは可能 立ち位置としてはプロ野球から見た金属バットに近い)

「違憲」と「違反」の違い

「違憲」「違反」の違いを、分かりやすく解説します。

「違憲」は法律や規則、国の行政行為などが、憲法に違反していることで、それによる被害を国民が被って違憲裁判を行うことはありますが「違反」とは異なるため、国民が違憲となるというケースは一般的にはなく、「違憲」というケース自体は問題の深さはあるものの、数そのものはそう多くはありません。

違反はルールや規定、マナーや約束などに背くことで、誰でも違反をしてしまうことがあり得る点が違憲との大きな違いで、法律違反など公的なものから社内ルール違反、校則違反などの狭い範囲での違反まで無数に違反になる行為が存在しています。

違反行為は処罰などが発生しますが、違憲判決が出た場合はその条文を撤廃するなどの対処が必要となります。

また、違憲の判断をするのは裁判所なのに対し、違反の判断は審判や、同僚、約束相手、契約相手など多岐にわたります。

違反は言葉としてルール違反、規約違反など何に違反したかを説明する言葉がつけられますが、違憲は拳法に違反するという根本があるため前につける言葉はありません。

まとめ

法律や規則、国の行政行為が拳法に違反していることを指す「違憲」に対して、ルールや約束などに背くことを指す「違反」では、違反が圧倒的に数が多くなる性質で、誰でもしてしまう可能性があるのが違反と言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典