スポンサーリンク

「違法デニム」とは?意味や言葉の使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「違法デニム」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「違法デニム」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「違法デニム」の意味

「違法デニム」とは、僕のヒーローアカデミア第303話のベストジーニストの盗み聞きに関連する発言です。

「違法デニム」の解説

「違法デニム」とは、週刊少年ジャンプ2021年13号に掲載された、僕のヒーローアカデミア第303話のベストジーニストの盗み聞きに関する発言です。

前話までの流れとして、エンデヴァーの長男:荼毘(燈矢)であることで、入院中に心が折れて戦えないエンデヴァーを家族がそれぞれの過去の問題について話し合うシーンがあり、最後に泣き崩れたエンデヴァーに焦凍が「皆で燈矢兄を止めに行こう」と言います。

303話にて、直後にホークスとベストジーニストが病室に入り、ホークスが「立ち聞きしちゃいました」といい、自分たちも一緒に止めに行くと言います。

土下座しながら母:冬実が「うちの息子が申し訳ありませんでした」と言ったことに対して、いたたまれなく成ったベストジーニストが言った言葉が「荼毘について伺いたかっただけです・・・!盗み聞きは違法デニムでしたが・・・」となります。

母:冬実が「違法デニムとは?」と心の中で突っ込んでいますが、実はそれが何なのかについては言及されていません。

話の流れから考えると、「違法デニム」は、自分のヒーロー名にかけた言葉で、悪いことという意味合いになるはずです。

直後に母:冬実を支えて立たせているので、私も悪いことをしたから土下座しないでくださいというようなやり取りになると思います。

「違法デニム」の使われ方

この話を読んだ読者たちが、「違法デニム」“Twitter”上で投稿したことにより、それを見たユーザーたちが言葉のインパクトを感じて広まっていきトレンドワードに成りました。

「違法デニム」は、下着が見えるほどボロボロに成ったデニムの写真や、ダメージジーンズについて解説した画像、きわどいショートパンツスタイルのデニム画像、違法マイクなどと共に投稿され、広がり続けています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典