スポンサーリンク

「遠回り」と「回り道」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「遠回り」と「回り道」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「遠回り」「回り道」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「遠回り」とは?

「遠回り」には2つの意味があります。

一つは、距離が長い方の道を行くことです。

目的地Aに行くための道は2つあります。

Aにたどり着くための道のりは、B道は2km、C道は5kmです。

距離が長い方はC道になります。

この場合、C道を通って回ることが「遠回り」になります。

この言葉には、なぜ遠い方の道を行くのかという意味は含まれていません。

近い方が目的地に行くのにかかる時間が短くて済むのに、わざわざ遠い方を行くのは、遠い道の方が安全に通れるから、時間稼ぎをしたかったからなど、さまざま考えられます。

もう一つの意味は、かけなくてもいい手間をかけることです。

ある目的を達成するためには、いくつかの方法があります。

その中には、目的をすぐに達成できそうな方法もあれば、時間がかかりそうなものもあります。

たとえば、看護師になりたいと考えていたとします。

看護師にすぐにでもなるためには、高校を卒業したら看護大学や看護師養成所などに入る、中学校を卒業したら5年一貫看護師養成課程校に入るなどして、看護師国家資格を取得する方法があります。

こういったことはせず、一般の会社に入ったり、家庭で家事などをしたりして、それから看護師になるという方法もあります。

この方法だと時間がかかります。

こういった時間がかかる方法や、かけなくてもいい手間をかけることが「遠回り」です。

「遠回り」の使い方

遠い道を行くことを指して使用する言葉です。

実際の道のことを指す場合もあれば、ある事柄を成すための道を指す場合もあります。

「回り道」とは?

「回り道」には2つの意味があります。

一つは、遠い道を行くことです。

自宅から駅まで向かうのにいつも通っていた道が、工事をしていて通れません。

そのため、いつも通っている道よりも距離があり、時間がかかりますが、別の道を通って駅に向かいました。

こういった遠い道を意味しています。

もう一つの意味は、かけなくてもいい手間をかけることです。

目的を達成するための方法はいくつもあります。

最短だと思われる方法もあれば、時間がかかってしまう方法もあるのです。

時間がかかってしまうような方法を「回り道」といいます。

「回り道」の使い方

遠い道を行くことを指して使用する言葉です。

「遠回り」と「回り道」の違い

どちらの言葉も意味はほぼ同じです。

使い方もほぼ同じです。

「遠回り」の例文

・『遠回りだけど、こっちの道を通ろう』

・『ここに達するまでにずいぶん遠回りをしました』

・『遠回りしてよかったと今では思っています』

「回り道」の例文

・『回り道のように感じますが、これでよかったと思っています』

・『回り道が結局は成功の近道だったんだと感じました』

・『工事をしているので回り道をする』

まとめ

2つの言葉の意味はほぼ同じです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典